夫婦関係に疑問を感じた人がまずやるべき事

「依存」を「愛情」とはき違えていませんか?

愛しているからといって、相手を縛り付けることでいい関係が築けるわけではない(写真:baona/iStock)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

この連載の記事一覧はこちら

夏休みを通じて、いつもより長く、夫婦一緒の時間を過ごした方も多いかと思います。帰省や旅行など、楽しい思い出とともに、よりよい関係を深められたらベストかと思いますが、実際は、なかなかそうはいかないものです。

ちょっとした会話のやり取りでイラっとしたり、価値観の相違を目の当たりにして心底うんざりしてしまうような場面に遭遇することも、少なからずあるのではないでしょうか。少しでも関係性に葛藤を覚えた方は、単に、混雑や疲労で疲れていたからだけで片付けずに、あらためて夫婦のあり方を考えてみるのによい機会かと思います。

共依存になっていませんか

家族や夫婦だから愛情があって当たり前と思いがちですが、そもそも愛情とは何でしょうか。

実は、この「愛情」にこそ、トラブルの原因が潜んでいます。

愛情と一口に言ってもさまざまなとらえ方があると思いますし、一概に定義できませんが、依存関係を「愛情」とはき違えてしまうケースがあります。相手にわかってほしい、認めてもらいたい、愛されたいなど相手に依存する気持ちです。

次ページ相手基準で物事をとらえていませんか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。