「子どもを潰してしまう親」には共通点がある

あなたは「不幸アピール」をしていませんか?

子どもとの距離感をうまく保つには?(写真:naka / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

年末年始、大学進学や就職などで家を出て離れていた子どもと久しぶりに再会した方も多いかと思います。また、この春から家を出て暮らす子どもとの特別な年越しとなった方々もいらっしゃるでしょう。

18歳となれば、ある意味、大人の仲間入りですし、多少の年齢の差はあっても、遅かれ早かれ、物理的にも精神的にも独り立ちの時期を迎えます。子どもが、新しい環境に適応しようと一所懸命になる一方、親のほうは、つい最近まで手をかけていた子どもとの距離を保つことに必死になりがちです。

相談業務を通じて感じることは、子離れの仕方の善しあしがその後のお互いの人生に大きな影響を及ぼすということです。

子どもは独り立ちに失敗すると、親との共依存から抜け出せずに、最悪、引きこもりになるケースもあります。そこまでいかなくとも、結婚に縁遠くなったり、転職を繰り返すこともあります。そうならないためにも、子どもとの距離の取り方をお伝えします。まだまだ先のことと思っている方々にも親子関係を見直す一助にしていただけたらと思います。

心配と「寂しさ」を混同しない

この連載の記事一覧はこちら

子どもが自分の世界を持つようになると、親として関与することが少なくなり、寂しさを覚えることは当然のことです。その穴埋めをしようと、必要以上に手を出してしまうことも少なくありません。

たとえば、「大学に遅刻することのないよう離れて暮らし始めた子どもに毎朝モーニングコールをしている」という母親から、それでも遅刻が多くて困っているとの相談を受けることがあります。このような場合、親がかかわり続けると事態が悪化する傾向が見られます。実際、親が毎朝のコールをやめてからは遅刻をすることがなくなるといった生活面での改善が見られるケースは多く、このように、物理的に離れていても、子どもの精神的な自立を阻む行動はさまざま存在します。

次ページ子どものやっていることに口出ししない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。