新しい年に向け、希望が叶うたった1つの習慣

2017年の「失敗」を反省する必要はない

「悩む」もしくは、「理由付け」を始めた時点で、それを本当は選びたくないという気持ちに気づく必要がある(写真:UYORI / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

今年も残すところ、あとわずかになりました。この時期、この1年にご自身の身の上に起こったことを振り返る方も多いかと思います。よいことばかり思い返せれば問題ないですが、失敗した嫌なことを思い出して後悔の念にさいなまれることもあるでしょう。

失敗の原因を分析、追究したところで「感情」は残る

この連載の記事一覧はこちら

そんなとき、失敗の経験を次へ生かし、新たな目標を立てることが推奨されがちです。しかし、失敗の原因を分析、追究するような方法では、うまくいかないことが多々あります。人生とシステムの開発とは違うからです。

そこには、感情が大きくかかわります。

たとえば、AとBどちらかを選択しなければならない状況があるとします。条件からしてもAがいいと思うし、周りの意見を聞いてもAがいいという状況において、Aを選ぶのが当然と思いながらも、どうも気持ちが乗らない。そんなことはありませんか。

このような場合は、Aを選ぶことを正当化しようと、理由付けを一所懸命考えます。この時点で、すでに後悔の種をまいていると言えます。

「悩む」もしくは、「理由付け」を始めた時点で、それを本当は選びたくないという気持ちに気づく必要があるのです。後になって、「これがいちばんいい方法だった」「こうするしかなかった」と、なんとか自分を納得させることに大きなエネルギーを費やすことになりかねません。

人生は、選択の連続です。今日のお昼ご飯に何を食べるのか、といった日常的なことから、人生の岐路まで、日々、選択に迫られています。

次ページ判断基準があいまいだと…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。