グチばかり言う人がみずから招いている不幸

そのネガティブ思考は中毒かもしれない

「そんなネガティブ思考で何が得られるの?」と聞きたくなる人、周りにいませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)

ネガティブな考えがストレスの悪循環になる

超ストレス社会ともいわれる現代。日々の仕事や生活に息苦しさを感じている人は少なくありません。そんな人はどうすれば心を健全に保てるでしょうか。

私はスウェーデン、カルマル市に生まれ、自分で興した会社でずっと働いてきました。昔からずっと、いわゆるリーダー、起業家タイプでしたが、社交性や愛想のよさを隠れみのに、実は不安症を長年抱えていました。その心の病を妻であるスーサン・ビルマークと共に夫婦で抜け出しました。

共著である『北欧スウェーデン式 自分を大切にする生き方』にも詳しくまとめてありますが、ストレスや不安を断つためにできる最も重要なことが、今この瞬間をもっと意識して、ポジティブな話し方をすることです。ネガティブに考えていると、ストレスや不安の悪循環に突入します。自分を批判したり責めたりするのは簡単だからです。

意識するしないにかかわらず、脳はつねに物事を考えています。そうした考えが気分や感情に絶えず影響を及ぼします。心配ごとやストレスを抱えてしまうたいていの原因は、ネガティブで不健全な考えです。

家族や家庭環境は考え方に大きな影響を与えます。「両親がしょっちゅう言い争っていた、家族が文句を言い、人生に不満気だった」というような経験です。口論したり、不平不満を言ったり、ストレスをまき散らしたりする人たちに囲まれて育つと、自尊心や自信を培うのは困難です。

とはいえ、そんな環境で大人になってもそれを改善することは、100%可能です。自分のネガティブな思考パターンはなかなか認めづらいものです。でも、一度認めてしまえば、自分の態度を改めてポジティブに考えられるようになります。

次ページネガティブ思考の95%は真実ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT