清澄白河にある「シェアホテル」のスゴイ中身

単に安く泊まれるというだけではない

「LYURO東京清澄」受け付けカウンター(筆者撮影)

そうした新しい宿泊施設として今回紹介するのが、東京の名所・隅田川沿いに2017年4月オープンした「LYURO東京清澄」である。インバウンド対応として近年増えているのが、安価に泊まれる素泊まり・相部屋の宿泊施設。同ホテルもそうした施設の1つだが、単に安く泊まれるというだけではない。ここでしかできない“体験”を提供するホテルとなっている。

ディープな体験を求めるニーズが高まっている

「最近高まっているのが、ガイドブックに載っていないローカルな場所や、一歩足を踏み込んだディープな体験を求めるニーズです」(リビタ取締役 ホテル事業部長の中瀬真実氏)

ブルワリー併設のレストランPITMANSでは、クラフトビールも川面を眺めながら楽しめる(筆者撮影)

そのため同ホテルでは、宿泊者以外に開放されたスペースを備え、地域の活性化を目指している。具体的には、隅田川の河川敷に設けた幅44メートルのウッドデッキ“かわてらす”を宿泊客のほか、地域住民など誰もが利用できる共用スペースとしていること。かわてらすでは、同ホテル2階のレストランが提供する、その場で醸造されたクラフトビールや肉、季節の野菜、魚介などのグリル料理などを楽しむこともできる。隅田川の景色を楽しみながらのヨガイベントやクラフトマーケットも行われている。またホテル内のシェアスペースを地域の活動などに貸し出し、これまでも写真やアートの展示会、ライブ、万華鏡や紙の細工といった手作り体験のワークショップなどさまざまな活動が行われた。

ウッドデッキ“かわてらす”でのヨガイベントの様子(写真:リビタ)
次ページ地域の人と観光客の交流を促進
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT