福岡発「IoTホステル」は、何が画期的なのか

企業や研究機関が「垣根超えて」参加する理由

福岡・中洲にオープンした、一風変わったホステルに潜入しました

激しい暑さが続く福岡で、8月19日に「& AND HOSTEL」(アンドホステル)がオープンした。ここは11種のIoTデバイスを体験できる「日本初のスマートホステル」。「国内にIoTを体験できるホテルはありますが、これだけ多くのメーカーのIoTデバイスがホステルに集結するのは初めて」と、企画したand factoryの小原崇幹代表は胸を張る。

このところよく聞くようになったIoTは「Internet of Thing」(モノのインターネット)の略。さまざまなモノをインターネットに接続して、より安全で快適な生活を実現しようと、さまざまな企業や研究機関が開発・製品化にしのぎを削っている。

フロントではルームキー代わりのスマホがわたされ…

さっそく「& AND HOSTEL」を訪れた。場所は、中洲にある川端商店街のど真ん中。キャナルシティ博多や天神にほど近く、福岡観光に便利な立地だ。博多祇園山笠の山笠が展示される昔ながらのアーケード街に、最先端のホステルという、意外な組み合わせもおもしろい。

ホステルは3階建て。商店街に面した1階は解放的な雰囲気のダイニングカフェで、宿泊客でなくとも、誰でも利用できる。客室は全11室、定員48人だ。このうちIoTデバイスを備えた部屋はIoTキングルーム2室とIoTツインルーム2室の計4室で、ほかにスタンダードダブルルーム、2段ベッドが並ぶドミトリールームがある。全室トイレとシャワーは共同だ。

IoTルームを予約すると、チェックイン時にフロントで渡されるのはルームキーやカードではなく、部屋専用のスマートフォン。メイン画面に6つのボタンがあり、これ1台で部屋のIoTデバイスをコントロールできるのがウリだ。

次ページいろんなボタンを押してみた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。