福岡発「IoTホステル」は、何が画期的なのか

企業や研究機関が「垣根超えて」参加する理由

福岡・中洲にオープンした、一風変わったホステルに潜入しました

激しい暑さが続く福岡で、8月19日に「& AND HOSTEL」(アンドホステル)がオープンした。ここは11種のIoTデバイスを体験できる「日本初のスマートホステル」。「国内にIoTを体験できるホテルはありますが、これだけ多くのメーカーのIoTデバイスがホステルに集結するのは初めて」と、企画したand factoryの小原崇幹代表は胸を張る。

このところよく聞くようになったIoTは「Internet of Thing」(モノのインターネット)の略。さまざまなモノをインターネットに接続して、より安全で快適な生活を実現しようと、さまざまな企業や研究機関が開発・製品化にしのぎを削っている。

フロントではルームキー代わりのスマホがわたされ…

さっそく「& AND HOSTEL」を訪れた。場所は、中洲にある川端商店街のど真ん中。キャナルシティ博多や天神にほど近く、福岡観光に便利な立地だ。博多祇園山笠の山笠が展示される昔ながらのアーケード街に、最先端のホステルという、意外な組み合わせもおもしろい。

ホステルは3階建て。商店街に面した1階は解放的な雰囲気のダイニングカフェで、宿泊客でなくとも、誰でも利用できる。客室は全11室、定員48人だ。このうちIoTデバイスを備えた部屋はIoTキングルーム2室とIoTツインルーム2室の計4室で、ほかにスタンダードダブルルーム、2段ベッドが並ぶドミトリールームがある。全室トイレとシャワーは共同だ。

IoTルームを予約すると、チェックイン時にフロントで渡されるのはルームキーやカードではなく、部屋専用のスマートフォン。メイン画面に6つのボタンがあり、これ1台で部屋のIoTデバイスをコントロールできるのがウリだ。

次ページいろんなボタンを押してみた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。