「一人旅歓迎」の温泉宿はなぜ増えているのか

一部の旅館が気づいた、意外と多いメリット

一人旅の旅先を選ぶ時は、有名温泉地ではなく、あえて積雪地域や秘湯の宿などから探すのが賢明だそう(写真:YUMIK / PIXTA)

ふらっと気ままに一人旅

「ふらっと一人旅に出る機会を常に狙っている」という人が意外に多いのではないだろうか。じゃらんリサーチセンターの「宿泊旅行調査」によると、一人旅は調査開始以来毎年増加し、現在では旅行件数の17.5%を占めている。10年前と比べるとその増加は162%と、他の旅行形態に比べて圧倒的な増加率だ。

この背景には、一人世帯の増加に加え、「周りと休みが合わない」、「一人のほうが気楽」、「趣味を追求できる」といった旅行者側の事情や嗜好の変化が推察できる。

一方、一人旅を受ける宿泊事業者側の変化もある。都市部でビジネス客向けのバジェットホテルやバックパッカー向けのホステルが増加しているが、地方の温泉でも一人旅を歓迎する宿が増えているのだ。その裏にはどういう背景があるのだろうか。

10年前に比べ、圧倒的な伸びを示す「一人旅」(じゃらんリサーチセンター「宿泊旅行調査2015」より。出典をもとに筆者加工)

東京から上越新幹線に乗り、越後湯沢駅でローカル線に乗り換え、約2時間。コシヒカリで有名な「魚沼」地区の小さな駅「小出(こいで)」駅に着く。駅前からバスに乗り、湯之谷温泉郷と呼ばれる谷沿いの温泉地を最奥部の終点までたどると、そこが「栃尾又(とちおまた)温泉」。まるで映画に出てきそうな秘湯感あふれる風情の温泉だ。東京駅を10:40に発つと、栃尾又温泉バス停に着くのが13:46。宿のチェックインが「13時頃」や「13:45」となっているのは、このバス到着時間のためだ。

次ページ伝統的な入浴法がある温泉で
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。