旅行サイト「手数料1割」に抵抗するホテル勢

じゃらんや外資の攻勢にリアルが目覚めた

ヒルトン東京(写真中央)の場合、「じゃらんnet」などの旅行サイトから予約しても、公式サイトから直接予約しても、価格はほぼ変わらない

「ホテルを公式サイトから予約すると価格が高い」というのは、もう時代遅れの先入観にすぎないのかもしれない──。

この9月のシルバーウイーク。「ヒルトン東京」(新宿区)に予約して泊まる場合、ヒルトン公式サイトと、「じゃらんnet」「ブッキングドットコム」などオンライン旅行サイトを比べると、価格は1泊4万8000円前後でほぼ同じだ(税等込み)。

運営する米ヒルトン・ワールドワイドは今年2月から、「ストップ・クリッキング・アラウンド」(あちこちクリックするのはやめよう)なるキャンペーンを、世界4500軒のホテルで展開。過去最大の広告費を投じる狙いは、自社サイトへの予約誘導である。「ヒルトンHオナーズ」会員は、公式サイトから予約すれば、割引やポイント還元、無料WiーFiなどの特典を受けられるという。「ネットでクリックを繰り返さなくても、直接予約すれば特典が得られ、費用も節約できることを訴えた」(クリス・シルコック副社長)。

今年3月には米マリオット・インターナショナルが米スターウッドホテル&リゾートを136億ドル(約1.4兆円)で買収することを決めた。2018年には互いの会員プログラムを統合、世界5500軒以上のホテルで特典を利用できるようになる。業界ではリアル同士、スケールメリットの追求に走る。 

巨大化してしまった旅行サイト

ホテル運営会社が多額の費用をかけてまで、会員の囲い込みに必死になるのは、巨大化しているオンライン旅行会社に対抗することが、その理由の1つだ。

インターネット普及が生んだ代表的なビジネスに、オンライン旅行会社がある。世界2強は米エクスペディアと米プライスライングループ。エクスペディアは、米マイクロソフトの一部門として1996年に創業、1999年に独立した。プライスラインも米国発祥で、後にオランダのブッキングドットコムを買っている。

両社のアプリやウェブサイトを通じ、予約されたホテル・航空券の取扱高は、2015年度で約6兆円ずつと圧倒的な規模で他を寄せ付けない。国内では、リクルートホールディングスの子会社が運営する「じゃらんnet」、楽天の「楽天トラベル」といったブランドが著名だ。

これら予約サイトは、低価格やユーザーの使い勝手のよさ、さらに口コミなどの独自情報を武器に、爆発的に拡大。JTBなど伝統的な旅行会社を追い抜き急成長した。

次ページ「最安値保証」で対抗するホテル側
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT