星野リゾート「星のや東京」が担う重大使命

1泊7.8万円の日本旅館は世界に通用するか

「星のや東京」の内覧会で会見する星野佳路氏。「すしはスキーより早く米国に広がった」と話す

「フィリップ・コトラーは『マーケティングとは市場の創造だ』と言っています。(都会で需要のなくなった)日本旅館を、ラグジュアリーな(シティ)ホテルとして再び位置付けたい。世界に通用する日本旅館となること、それが「星のや東京」の使命であり、われわれの思いです」――会見の冒頭で、星野リゾートグループ代表の星野佳路氏はそう語った。

7月20日、星野リゾートは、東京都千代田区大手町に「星のや東京」を開業した。地下2階、地上18階、客室数84室、温泉も備えた近代的でラグジュアリーな”日本旅館”だ。宿泊料金は1泊1室当たり7.8万円(税・サービス料込み、食事別)からとなっている。

旅館の軒数はピークから半減した

国内各地で高級旅館やホテルを展開し、老舗旅館の再生実績も多い星野リゾート。これまで創業の地、軽井沢をはじめとした全国の観光地やリゾート地で事業を展開してきた。今回、開業した「星のや東京」は同社にとって、初めて都市部で運営する施設となる。

事前に開いたメディア向けの内覧会で、星野氏は繰り返し、「『星のや東京』の狙いは世界の都市でも通じる日本旅館をつくることにある」と狙いを語る。

厚生労働省の統計によれば、国内の旅館軒数は1980年に8.3万軒というピークをつけた後、2014年に4.1万軒へと半減した。現在、東京都内には約400軒の旅館が残るのみとなっている。総客室数でも2009年にホテルに初めて抜かれ、宿泊施設としては衰退傾向が続いている。

次ページコトラーの言葉を体現してきた星野氏
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT