4番目の「ディズニーホテル」はなぜ安いのか

日本屈指のホテルは東京ディズニーにあった

ホテルのロビー中央に置かれたオブジェ。東京ディズニーランド「アリスのティーパーティー」の世界観をイメージしている

6月中旬の休日、オープンしたばかりの「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」を訪れた。入り口をくぐると、「アリスのティーパーティー」に出てくるようなティーカップに乗った、ミニーマウスが迎えてくれる。

このホテルは、かつて「パーム&ファウンテンテラスホテル」の「ファウンテンテラスホテル」という名称だった。6月1日にセレブレーションホテル:ウィッシュとして、リニューアルオープン。客室には2つのベッドに加え、同数のソファーベッドが備え付けられており、4人まで宿泊できる。現在、客室352のうち、ほとんどが満室状態だ。

道路を挟んだ向かいでは、ウィッシュ棟がオープンした6月1日、もうひとつの「パームテラスホテル」が閉館。9月に「セレブレーションホテル:ディスカバー」として開業する予定だ。

あえて簡素な宿泊特化型に

2棟からなるセレブレーションホテルが話題を集めたのは、ディズニーのキャラクターを使った、4番目の“ディズニーホテル”という位置づけにある。客室やロビーではディズニーの世界観を体現できる内装があしらわれ、エレベーターに乗ればミッキーの声でアナウンスしてくれる。

今回、オープンしたウィッシュ棟は、東京ディズニーリゾート(TDR)のファンタジーランドをイメージした内装。実際にホテルのロビーには「アリスのティーパーティー」「キャッスルカルーセル」といったアトラクションをモデルにしたオブジェが置かれている。9月に開業のディスカバー棟はアドベンチャーランドをイメージした内装になる予定である。

ディズニーホテルといえば、TDR近隣にある「東京ディズニーランドホテル」、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」、「ディズニーアンバサダーホテル」の3つのリゾートホテルが有名だ。

ディズニーホテルの宿泊者には、開園15分前から入園できる「ハッピー15エントリー」や、混雑して入場制限をしているときも入園を保証するといった特典がある。この3つのホテルは1室で1泊5万〜6万円と高額だが、年間稼働率が90%台の盛況ぶりである。

ところが4番目のディズニーホテルであるセレブレーションホテルは、従来の3つのホテルとは少し異なっている。既存のディズニーホテルが、TDRまで徒歩で行ける場所にあり、結婚式場やレストランを抱え、徹底的にディズニーの世界観を表現した内装になっているのに比べ、セレブレーションホテルの内装はやや簡素で、レストランも朝食のみ提供している。

次ページスライドショーで見る「セレブレーションホテル」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。