4番目の「ディズニーホテル」はなぜ安いのか

日本屈指のホテルは東京ディズニーにあった

ホテルのロビー中央に置かれたオブジェ。東京ディズニーランド「アリスのティーパーティー」の世界観をイメージしている

6月中旬の休日、オープンしたばかりの「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」を訪れた。入り口をくぐると、「アリスのティーパーティー」に出てくるようなティーカップに乗った、ミニーマウスが迎えてくれる。

このホテルは、かつて「パーム&ファウンテンテラスホテル」の「ファウンテンテラスホテル」という名称だった。6月1日にセレブレーションホテル:ウィッシュとして、リニューアルオープン。客室には2つのベッドに加え、同数のソファーベッドが備え付けられており、4人まで宿泊できる。現在、客室352のうち、ほとんどが満室状態だ。

道路を挟んだ向かいでは、ウィッシュ棟がオープンした6月1日、もうひとつの「パームテラスホテル」が閉館。9月に「セレブレーションホテル:ディスカバー」として開業する予定だ。

あえて簡素な宿泊特化型に

2棟からなるセレブレーションホテルが話題を集めたのは、ディズニーのキャラクターを使った、4番目の“ディズニーホテル”という位置づけにある。客室やロビーではディズニーの世界観を体現できる内装があしらわれ、エレベーターに乗ればミッキーの声でアナウンスしてくれる。

今回、オープンしたウィッシュ棟は、東京ディズニーリゾート(TDR)のファンタジーランドをイメージした内装。実際にホテルのロビーには「アリスのティーパーティー」「キャッスルカルーセル」といったアトラクションをモデルにしたオブジェが置かれている。9月に開業のディスカバー棟はアドベンチャーランドをイメージした内装になる予定である。

ディズニーホテルといえば、TDR近隣にある「東京ディズニーランドホテル」、「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」、「ディズニーアンバサダーホテル」の3つのリゾートホテルが有名だ。

ディズニーホテルの宿泊者には、開園15分前から入園できる「ハッピー15エントリー」や、混雑して入場制限をしているときも入園を保証するといった特典がある。この3つのホテルは1室で1泊5万〜6万円と高額だが、年間稼働率が90%台の盛況ぶりである。

ところが4番目のディズニーホテルであるセレブレーションホテルは、従来の3つのホテルとは少し異なっている。既存のディズニーホテルが、TDRまで徒歩で行ける場所にあり、結婚式場やレストランを抱え、徹底的にディズニーの世界観を表現した内装になっているのに比べ、セレブレーションホテルの内装はやや簡素で、レストランも朝食のみ提供している。

次ページスライドショーで見る「セレブレーションホテル」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT