4番目の「ディズニーホテル」はなぜ安いのか

日本屈指のホテルは東京ディズニーにあった

立地もTDRまでは専用のシャトルバスで15分ほどの距離にある。当然、結婚式場といった設備はなく、客室単価も1泊で約3万円程度とやや安めの設定。いわゆるビジネスホテルや観光者向けホテルのような、宿泊特化型の作りになっている。

4軒のディズニーホテルを運営しているのは、TDRを運営するオリエンタルランドの傘下で、ホテル事業を統括するミリアルリゾートホテルズのグループ会社だ。同社はTDR周辺を地盤に8軒のホテル運営を統括している。

帝国ホテルより高い収益力

高単価・高稼働のディズニーホテルを抱えていることもあり、ミリアルリゾートの収益は目を見張るものがある。オリエンタルランドの開示資料によれば、2016年3月期のホテル事業は売上高631億円、同セグメント利益は138億円。帝国ホテルが売上高558億円、営業利益が40億円、ということに比べれば、その収益力の高さは際立っている。

同業を圧倒するディズニーホテルを持っているにもかかわらず、あえて宿泊特化型のディズニーホテルを展開する理由を、ミリアルリゾートホテルズの久保哲也・セールス&マーケティング部長は「ディズニーホテルとして、顧客の選択肢をもっと増やすため」と語る。

3軒のディズニーホテルは客室単価5万~6万円と、気軽に泊まれる金額ではない。ディズニーの世界観に浸ったり、15分前入園といった特典を得たいといった、幅広い顧客のニーズを満たすため、改装に踏み切った。「気持ちの面でも、財布の面でも、もっと使い分けてほしい」(久保氏)。

総額約40億円という改装の効果は大きい。それまで旧パーム&ファウンテンテラス時代の平均客室単価が2万円ほどだったのだが、リニューアルを機に1万円ほど上昇。客室の稼働率も大きく改善した。

もうひとつ、背景にあるのがTDRの好調ぶりだ。入園者数は1983年の開園当初は1000万人台だったのが、2001年9月にディズニーシーがオープンすると、初めて2000万人を突破。2014年以降は毎年3000万人を超える高水準で推移している。さらにオリエンタルランドは、2023年度までに約5000億円もの設備投資を行い、映画『美女と野獣』『ベイマックス』をイメージしたアトラクションを増設するなど、拡大路線を発表している。

こうした拡大路線を背景に、TDR周辺ではホテルの新築や改装・増築計画がラッシュを迎えている。このエリアのホテル開発ブームはしばらく続きそうだ。

(撮影:風間仁一郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT