日本最強農家の「グランピング」がスゴすぎる

高級キャンプは8月1日開業を前に予約で一杯

8月1日に開業する「ザ・ファーム・キャンプ」(千葉県香取市)。農家が運営するグランピング施設だ

7月下旬、千葉県香取市にある農園リゾート「ザ・ファーム」を訪れた。ナスやジャガイモ、キュウリといった野菜が植えられた農場から少し離れた場所に、新しく設営された15棟の真っ白な大型テントがあった。

ウッドデッキの上に設置されたテントのサイズは5メートル強もある。中をのぞいてみると、2台のセミダブルベッドとイージーチェアが置かれ、携帯電話を充電できるように電源も備わっている。近くにはパウダールームを備えたトイレや温泉もある。

農園リゾートにグランピング施設が誕生

これは、8月1日に開業する新エリア「ザ・ファーム・キャンプ」。宿泊料金は、1棟2人の宿泊で2万6600~3万6600円を見込む(2食付き)。2人の宿泊が基本だが、最大で4人まで宿泊が可能だ。

このキャンプ場は、いわゆる「グランピング」に分類される。グランピング(glamping)とはglamorous(グラマラス)とcamping(キャンピング)を合わせた言葉。2005年頃に英国で始まったとされる。宿泊は常設テントやコテージで、トイレやシャワー、食事はホテル並のサービスを備えている施設が一般的だ。

設備が充実しているうえ、テントや調理器具をそろえる必要がないことで、手軽にアウトドアを楽しむことができる。先進国を中心に人気が上昇。日本でも星野リゾートが2015年秋に「星のや富士」を開業するなど、新たな宿泊施設の形態として注目が集まっている。

「ザ・ファーム・キャンプ」があるのは、2010年に開業したザ・ファーム(千葉県香取市)の一角。2013年7月に14棟のコテージ「ザ・ファーム・コテージ」が完成し、現在は貸農園、温泉「かりんの湯」、バーベキュー場、レストランやカフェをそろえ、農業を中心とした複合施設となっている。

次ページ6次産業の最先端を行く和郷園
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。