1日2万本が売れるトウモロコシ農家の秘密

妥協を許さない姿勢が最高の商品を生み出す

連日大行列をつくるトウモロコシ販売所。人気の秘密に迫る

夏、旬を迎えるトウモロコシ。国内における産地といえば、広大な自然が広がる北海道を思い浮かべるかもしれない。ただ、日本には北海道以外にもトウモロコシの生産が盛んな地域がある。静岡県に連日大行列をつくる大人気のトウモロコシ販売所があるのはご存知だろうか。

鈴木農園のトウモロコシ販売所は連日大行列

静岡県森町、トウモロコシ栽培の盛んな町で農家を営むのが遠州森鈴木農園の代表取締役、鈴木弥(すずきわたる)さん。彼が栽培するトウモロコシは、森町の中でも特においしいと評判を呼び、毎日、およそ100人近い人々が鈴木農園のトウモロコシを求めて行列を作り出す。多い日には一日でなんと2万本も売り上げるほどの人気ぶりだ。

遠州森鈴木農園の代表取締役、鈴木弥さん

いったい、なぜ鈴木さんが育てるトウモロコシは、これほどの人気を呼んでいるのだろうか? 今回、TBSテレビ『ジョブチューン』取材班は7月30日(土)よる7時から放送する「日本が誇る一流農家&漁師SP」に出演する鈴木さんに、そのヒミツを聞いた。

マンゴーを超える糖度の秘密

その熱狂的な人気の秘密は、トウモロコシとは思えないほどの甘さにある。マンゴーの中でも甘くて有名な宮崎の「太陽のたまご」は糖度15度以上が条件だが鈴木農園のトウモロコシの糖度はそれを超える糖度なのだ。

次ページなぜそれほど甘いのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT