「キットカット」が、こんなにも愛される理由

売り上げ日本一のチョコはいかに進化したか

チョコレート菓子として定番中の定番。その人気の秘密とは(撮影:梅谷 秀司)

子どもだけでなく大人にも幅広く好かれているお菓子といえばチョコレートだ。気軽に小腹を満たすことができ、コンビニで買って仕事しながら食べているようなビジネスパーソンも少なくないだろう。

産業革命の時代、労働者のために誕生

新商品開発を行う内藤篤さん

そんなチョコレート菓子市場で、1日に400万枚以上、年間15億枚以上を売るロングセラーがネスレ日本の「キットカット」。これは日本一の売り上げといわれている。

実際に全国食品スーパー250万人の購買行動から算出する、カスタマー・コミュニケーションズが構築・運用する「TRUE DATA」によれば、2016年1月の全国のスーパーにおけるチョコレート菓子のトップシェアはキットカットの5.14%。ロッテ「ガーナ」(5.10%)、江崎グリコ「ポッキー」(4.41%)などと激戦を繰り広げている。

今回、TBSテレビ『ジョブチューン』取材班は、4月23日よる8時放送の「国民的大ヒット食品のひみつぶっちゃけSP」の制作にあたってキットカットを製造・販売するネスレ日本で新商品開発を行う内藤篤さん、マーケティングを行う槇亮次さんにメガヒットの理由を取材した。

次ページキットカットの歴史
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。