「キットカット」が、こんなにも愛される理由

売り上げ日本一のチョコはいかに進化したか

チョコレート菓子として定番中の定番。その人気の秘密とは(撮影:梅谷 秀司)

子どもだけでなく大人にも幅広く好かれているお菓子といえばチョコレートだ。気軽に小腹を満たすことができ、コンビニで買って仕事しながら食べているようなビジネスパーソンも少なくないだろう。

産業革命の時代、労働者のために誕生

新商品開発を行う内藤篤さん

そんなチョコレート菓子市場で、1日に400万枚以上、年間15億枚以上を売るロングセラーがネスレ日本の「キットカット」。これは日本一の売り上げといわれている。

実際に全国食品スーパー250万人の購買行動から算出する、カスタマー・コミュニケーションズが構築・運用する「TRUE DATA」によれば、2016年1月の全国のスーパーにおけるチョコレート菓子のトップシェアはキットカットの5.14%。ロッテ「ガーナ」(5.10%)、江崎グリコ「ポッキー」(4.41%)などと激戦を繰り広げている。

今回、TBSテレビ『ジョブチューン』取材班は、4月23日よる8時放送の「国民的大ヒット食品のひみつぶっちゃけSP」の制作にあたってキットカットを製造・販売するネスレ日本で新商品開発を行う内藤篤さん、マーケティングを行う槇亮次さんにメガヒットの理由を取材した。

次ページキットカットの歴史
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT