イオン「食品売り場」の知られざる裏側

最大手が打つ専門スーパーへの対抗策

業界最大手のイオンが行う競合店との差別化とは(撮影:尾形 文繁)

本格的な少子高齢化時代を迎え、ネットスーパーの登場など、スーパーの競争が激しくなっている。最大手のイオン、2位のイトーヨーカ堂(セブン&アイ・ホールディングス)など食品だけでなく衣料品や住居関連用品なども扱う総合スーパー(GMS)の業績は苦戦気味。業界再編も進む中、各社にとって競合店との差別化が課題となっている。

一方、消費増税後、生鮮食品や惣菜に力を入れたライフコーポレーションやヤオコー、マルエツなど食品専門のスーパーは堅調な業績を維持。GMSにとってこうした食品スーパーにどう対抗するかは大きなポイントとなる。

カギを握るのはやはり食品だ。TBSテレビ『ジョブチューン』取材班は、6月4日(土)よる7時56分から放送する「ジョブチューン 巨大スーパーのヒミツぶっちゃけSP!」に出演するイオンリテールの三宅香・広報部長兼お客さまサービス部長と西野克・デリカ商品統括部長に、イオンが最近、食品分野で力を入れているオリジナルサービスやアイデアなどを聞いた。

地域ごとに味を変える細かいサービス

「生ハムのマリネ」や「大海老と彩り野菜のマヨソース」など食卓に手軽におかずを1品添えることが出来る人気のお惣菜シリーズ

青果、鮮魚、精肉など、イオンの中でもっとも活況なのが売り場面積の約20%を占める「惣菜売り場」。他のスーパーと比べても、種類は豊富でなんと約600種類もの商品が並ぶ。人気シリーズである約60種類の惣菜全て100g198円で購入することが出来る「マイセレクトデリ」をはじめとして、そのほとんどが店内で調理されている。

イオンといえば全国に500店のネットワークを持つだけに、こうしたオリジナル商品の内容も画一的かといえば、そうではない。一例が「お寿司」に現れている。

次ページ開発段階でお客さんの意見を聞き味を調節
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。