ショッピングモールには理想の街の姿がある

東浩紀×大山顕「実は社会的弱者に優しい」

旧日産自動車村山工場跡地に立つイオンモールむさし。工場跡地にモールができる意味を考える(撮影:尾形 文繁)

日本に限らず、世界中に乱立するショッピングモール。商業施設だけでなく、駅も病院も図書館も、ショッピングモール化が進んでいる。それははたして健全なことなのか。作家・思想家の東浩紀氏とフォトグラファー・ライターの大山顕氏の対談をまとめた『ショッピングモールから考える』(幻冬舎新書)の一部を抜粋して、ショッピングモールが先取りする街、都市の姿を考えたい。

都市はグラフィックにすぎない

バンコクのショッピングモール「セントラル・ワールド」の吹き抜け(撮影:大山顕)

大山顕(以下、大山):今度は僕からプレゼンさせていただこうと思います。バンコクに行ったときの話です。バンコクは異国情緒豊かなところです。野良犬がたくさんいたり、絡みあった電線がダイナミックだったり、神棚のようなものがそこここにあったり……と観光を楽しみました。

しかし、いちばん強烈だったのはショッピングモールなんです。僕は大学の卒業論文で、工場の構造を残して街づくりに生かす、という提案をしたことがあります。僕は1972年生まれで東さんとほぼ同じですが、僕たちの世代はリアルタイムに公害を経験していないので、あっけらかんと「工場ってかっこいいよね」と言えるようになると思っていた。

これと同じことが、たぶんショッピングモールにも起こる。僕が工場を撮り始めたように、ショッピングモールを撮る若いモール写真家が出てくるはず……というわけで慌てて写真を撮り始めたのですが、ショッピングモールを撮るのって難しいんです。なぜかというと、僕はずっと外観を撮っていたんですね。けれど、ショッピングモールで大事なのは内装です。

次ページバンコク「ターミナル21」の場合
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT