浅草の老舗が握る「おむすび」の旨さの秘密

ご飯・ネタ・海苔・握り加減、すべてにこだわり

おにぎりを握り続けるプロにコツを伝授してもらう!
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

日本のソウルフード「おにぎり」。最近では「おにぎらず」もブームになったが、やはり飯は握りたい!いや、握るべきである。そう思わせてくれる名店が浅草の老舗『おにぎり宿六』である。昭和29年創業の日本で一番古いおにぎり専門店としても有名で、遠方から食べに訪れる人もいるほど。

おにぎりを握り続けたプロの味は、やはりひと味もふた味も違った。家庭でもふんわり握れるプロのコツも伝授していただいた。

おにぎりの味を左右する二大要素はこれだ!

おにぎりを作る上で欠かせないのが「米」と「海苔」。選び抜くのはご主人だ。現在は三代目・三浦洋介氏(昼の部)と二代目の女将(夜の部)が伝統の味を継承している。米は年ごとに色々なものを食べ比べ、ご主人自身がおいしいと思ったものを仕入れる。現在は新潟県糸魚川産のコシヒカリを使用しているという。

海苔は磯の香りの強さとパリッとした歯ごたえが特徴の江戸前海苔。そのまま塩結びで食べてもおいしいと感じるこだわり食材に、具のおいしさが加わるのだからおいしくないわけがない。

次ページプロのおにぎりの握り方とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT