浅草の老舗が握る「おむすび」の旨さの秘密

ご飯・ネタ・海苔・握り加減、すべてにこだわり

おにぎりを握り続けるプロにコツを伝授してもらう!
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

日本のソウルフード「おにぎり」。最近では「おにぎらず」もブームになったが、やはり飯は握りたい!いや、握るべきである。そう思わせてくれる名店が浅草の老舗『おにぎり宿六』である。昭和29年創業の日本で一番古いおにぎり専門店としても有名で、遠方から食べに訪れる人もいるほど。

おにぎりを握り続けたプロの味は、やはりひと味もふた味も違った。家庭でもふんわり握れるプロのコツも伝授していただいた。

おにぎりの味を左右する二大要素はこれだ!

おにぎりを作る上で欠かせないのが「米」と「海苔」。選び抜くのはご主人だ。現在は三代目・三浦洋介氏(昼の部)と二代目の女将(夜の部)が伝統の味を継承している。米は年ごとに色々なものを食べ比べ、ご主人自身がおいしいと思ったものを仕入れる。現在は新潟県糸魚川産のコシヒカリを使用しているという。

海苔は磯の香りの強さとパリッとした歯ごたえが特徴の江戸前海苔。そのまま塩結びで食べてもおいしいと感じるこだわり食材に、具のおいしさが加わるのだからおいしくないわけがない。

次ページプロのおにぎりの握り方とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。