これが日本の歴史を築いた名バーガー10選だ

都内に点在する歴史的名作を食べ歩こう

もはや万人に愛される国民食のひとつだ

日本で独自の進化を遂げたグルメバーガー

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

ひとつ1000円を超えるグルメバーガーの第一次ブームから、すでに10年以上。ラーメンやカレーに次いで、万人に愛される国民食になったと言っても過言ではない。

戦後、アメリカ人のファストフードが伝来してから70年以上、日本で独自の進化を遂げ、グルメバーガーとして現在の地位を獲得する影には多くのバーガー職人たちの努力があった。

今回はそんな日本のバーガー史上で大きな役割を果たした名店を紹介しよう。

ベーコンチーズバーガー¥1490。マヨネーズがバンズのクラウンの直下に迫れているの特徴的

米食の日本人に合う酒種バンズを開発した、東京グルメバーガーの母『ファイヤーハウス』

1996年オープンの『ファイヤーハウス』は90年代、第1次グルメバーガーブームを牽引した立役者。

『峰屋』と酒種バンズを共同開発し、米食の日本人の口にあう、バーガーを生み出した。パンの甘みと肉のバランスを実現し、日本のグルメバーガーの礎を築いた。

バンズの下にちらっと見える特製マヨネーズがふわっと香る。かぶりつくと肉汁のダムが崩壊する。グルメバーガーだが、あくまでジャンクさを残し、食欲をそそる。

次ページ手作り職人技バーガー
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。