これが日本の歴史を築いた名バーガー10選だ

都内に点在する歴史的名作を食べ歩こう

もはや万人に愛される国民食のひとつだ

日本で独自の進化を遂げたグルメバーガー

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

ひとつ1000円を超えるグルメバーガーの第一次ブームから、すでに10年以上。ラーメンやカレーに次いで、万人に愛される国民食になったと言っても過言ではない。

戦後、アメリカ人のファストフードが伝来してから70年以上、日本で独自の進化を遂げ、グルメバーガーとして現在の地位を獲得する影には多くのバーガー職人たちの努力があった。

今回はそんな日本のバーガー史上で大きな役割を果たした名店を紹介しよう。

ベーコンチーズバーガー¥1490。マヨネーズがバンズのクラウンの直下に迫れているの特徴的

米食の日本人に合う酒種バンズを開発した、東京グルメバーガーの母『ファイヤーハウス』

1996年オープンの『ファイヤーハウス』は90年代、第1次グルメバーガーブームを牽引した立役者。

『峰屋』と酒種バンズを共同開発し、米食の日本人の口にあう、バーガーを生み出した。パンの甘みと肉のバランスを実現し、日本のグルメバーガーの礎を築いた。

バンズの下にちらっと見える特製マヨネーズがふわっと香る。かぶりつくと肉汁のダムが崩壊する。グルメバーガーだが、あくまでジャンクさを残し、食欲をそそる。

次ページ手作り職人技バーガー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。