モス、社長を退く櫻田厚氏がすべてを語った

創業、ブランド確立、創業者の急逝、混乱…

モスバーガーを40年超にわたって率いてきた櫻田家も引退の秒読みに入ってきた。果たして円滑な世代交代は行えるのか
日本発のハンバーガーチェーン、モスバーガー。店数こそマクドナルドの半分に過ぎないが、注文を受けてからの調理、野菜を重視した商品開発など、浮き沈みの激しい外食業界の中でも独特のブランド築き、多くのファンを惹きつけてきた。
運営会社であるモスフードサービスの社長を1998年から18年にわたって務めてきたのが、櫻田厚氏だ。厚氏は1972年に叔父である故・櫻田慧(さくらだ さとし)氏とともに創業に参画し、1号店からかかわってきた最後の創業世代といえる。
その厚氏も6月の株主総会後、社長を退任し、会長に専念する予定だ。「モスバーガーの象徴」と言われる櫻田家。社長退任は何を意味するのか、そしてモスの行方はどうなるのか。厚氏が取材に応じた。

モスのブランドは創業から10年で形成された

――モスバーガーは日本の外食業界の中でも独特のブランドを築いてきた。モスをどういう会社だととらえているか。

モスのブランド形成に貢献してきたのは、1番に商品、2番に特徴のある立地、3番目に独特のフランチャイズ(FC)の仕組みの3点だ。これらは1972年の創業から10年ぐらいで形成されたものだ。

創業当初から野菜にこだわってきた。当時は、今ほどは食材としてスポットライトを浴びていなかった。その後、健康や安心、安全などマーケティングのいろんな用語が知られるようになった時、「モスは美味しいだけではなく、野菜の洗浄方法も違うみたいだ」「モスの野菜はセントラルキッチンでなく、全部店で仕込んでいる」、「注文してから作るので手作り感がある」といったことが広まった。

衛生管理についても管理会社を早期に作った。だから「モスは観念的なものだけではなく、科学の部分も相当裏付けがある」、「モスは衛生管理、品質管理がきちんとしていて、さらに美味しい」ということに、時代がついてきたのではないか。

立地についても、「行きたくても場所がわからない、でもすごくハンバーガーのうまい店がある」ということが口コミで広がって、神秘性を帯びた。たとえば、新小岩に行ったけれど、モスの店舗が分からずに帰ってきたとか、皆が通りすぎるくらい悪い場所にある。

次ページ厚氏が意識した「60歳」という区切り
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT