「グランドビッグマック」はなぜヒットしたか

SNSでの拡散に成功した理由を探る

明らかにビッグマックよりも大きい

ヒットを飛ばしている「グランドビッグマック」

日本マクドナルドの新商品「グランドビッグマック」がヒットを飛ばしている。

グランドビッグマックは定番商品として人気の高い「ビッグマック」よりも、バンズや具材などが一回り大きく、重さにして1.3倍というハンバーガーだ。価格は単品520円、バリューセット(サイドメニューとドリンク付き)で790円。ビッグマックの2.8倍の重さという「ギガビッグマック」とともに4月下旬までの期間限定で4月6日から販売を始めたが、1週間後の13日には想定以上の人気により食材の供給が追いつかなくなり、食材がなくなった一部の店舗で販売を休止した。現在は食材の増産によって解消されている。

販売量を制限するほどの売れ行きとなったのは2010年に発売した「テキサスバーガー」以来6年ぶりだ。長らく恵まれなかったヒットを導けたのはなぜか。

4月20日午後、マクドナルド渋谷東映プラザ店を訪れた。レジ上のPOPはグランドビッグマックを大々的に打ち出しており、レジ横にはCMキャラクターにもなっている横綱白鵬関の大きなパネルも設置してあった。20~30代と思われるビジネスパーソンが次々とグランドビッグマックを購入していく。発売当初のオリジナルボックスはもう在庫がないのか、真っ白なボックスに入れられているため、さらに目立つ。

次ページ新商品を導入するも、突破口を開けないでいた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。