「グランドビッグマック」はなぜヒットしたか

SNSでの拡散に成功した理由を探る

明らかにビッグマックよりも大きい

ヒットを飛ばしている「グランドビッグマック」

日本マクドナルドの新商品「グランドビッグマック」がヒットを飛ばしている。

グランドビッグマックは定番商品として人気の高い「ビッグマック」よりも、バンズや具材などが一回り大きく、重さにして1.3倍というハンバーガーだ。価格は単品520円、バリューセット(サイドメニューとドリンク付き)で790円。ビッグマックの2.8倍の重さという「ギガビッグマック」とともに4月下旬までの期間限定で4月6日から販売を始めたが、1週間後の13日には想定以上の人気により食材の供給が追いつかなくなり、食材がなくなった一部の店舗で販売を休止した。現在は食材の増産によって解消されている。

販売量を制限するほどの売れ行きとなったのは2010年に発売した「テキサスバーガー」以来6年ぶりだ。長らく恵まれなかったヒットを導けたのはなぜか。

4月20日午後、マクドナルド渋谷東映プラザ店を訪れた。レジ上のPOPはグランドビッグマックを大々的に打ち出しており、レジ横にはCMキャラクターにもなっている横綱白鵬関の大きなパネルも設置してあった。20~30代と思われるビジネスパーソンが次々とグランドビッグマックを購入していく。発売当初のオリジナルボックスはもう在庫がないのか、真っ白なボックスに入れられているため、さらに目立つ。

次ページ新商品を導入するも、突破口を開けないでいた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT