「グランドビッグマック」はなぜヒットしたか

SNSでの拡散に成功した理由を探る

明らかにビッグマックよりも大きい

ヒットを飛ばしている「グランドビッグマック」

日本マクドナルドの新商品「グランドビッグマック」がヒットを飛ばしている。

グランドビッグマックは定番商品として人気の高い「ビッグマック」よりも、バンズや具材などが一回り大きく、重さにして1.3倍というハンバーガーだ。価格は単品520円、バリューセット(サイドメニューとドリンク付き)で790円。ビッグマックの2.8倍の重さという「ギガビッグマック」とともに4月下旬までの期間限定で4月6日から販売を始めたが、1週間後の13日には想定以上の人気により食材の供給が追いつかなくなり、食材がなくなった一部の店舗で販売を休止した。現在は食材の増産によって解消されている。

販売量を制限するほどの売れ行きとなったのは2010年に発売した「テキサスバーガー」以来6年ぶりだ。長らく恵まれなかったヒットを導けたのはなぜか。

4月20日午後、マクドナルド渋谷東映プラザ店を訪れた。レジ上のPOPはグランドビッグマックを大々的に打ち出しており、レジ横にはCMキャラクターにもなっている横綱白鵬関の大きなパネルも設置してあった。20~30代と思われるビジネスパーソンが次々とグランドビッグマックを購入していく。発売当初のオリジナルボックスはもう在庫がないのか、真っ白なボックスに入れられているため、さらに目立つ。

次ページ新商品を導入するも、突破口を開けないでいた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。