"黒船"シャックバーガーは日本をこう攻める 上陸1号店が東京・青山にオープン

拡大
縮小
看板商品である「シャックバーガー」(右手前)とクリンクルカットの「フライドポテト」(左奥)

青山通りから明治神宮外苑まで続く並木道。イチョウが紅葉する見ごろを控えたこの場所に、米国発のハンバーガー店が日本への初上陸を果たした。その名は「Shake Shack(シェイクシャック)」。

11月13日にオープンする店舗を訪れると、真っ先に目に入ったのが広々としたテラスだ。店内の67席だけでなく、屋外に100席を設置。来店客が遊べる卓球台も置いた。入口付近のテラスでは、樹齢200年のイチョウの木が存在感を放っている。

内装は木目を基調としたもの。ボーリングレーンの廃材を使ったテーブルを設置するなど、コスト削減と同時に環境面にも配慮した。

看板商品の「シャックバーガー」のほか、同社の原点であるホットドッグ「フラットトップドッグ」など、本国で馴染みのメニューが味わえる。また、日本限定商品のアイスクリーム4種類とシェイク1種類を投入。ワインやビールのアルコール商品も提供する。家族連れからカップル、会社の同僚同士など、幅広い客層を想定している。

オープン時期が早まった2つの理由

シェイクシャックは2004年、米ニューヨークのマディソン・スクエア・パークで産声を上げた。今回の日本1号店を含め、現在は10カ国で79店を展開している。

今回の日本進出に際して、シェイクシャックがパートナーに選んだのがサザビーリーグだ。同社は米スターバックスなど、これまで30以上のブランドを日本で手掛けてきた。今年2月にはシェイクシャックと国内展開の独占契約を締結。その時点では「2016年中に日本1号店を出店する」と発表していた。

次ページなぜ2015年に開業できたのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT