世界が注目する「ラーメンバーガー」って何?

その答えはニューヨークにあった

ラーメンバーガーとはいったい?
なぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからない。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(月曜よる8時放送)は、そんな不思議なランキングの謎を解き明かす番組だ。データの裏側を探ると、驚きの事実が次々と明らかになってくる。

ラーメンは今や日本の国民食の一つといってもいい。全国どこへ行ってもたいていラーメン店があり、日清食品をはじめインスタント麺でも強い。世界でも日本のラーメンは高い評価を得ている。

2014Google検索ワードランキング「ramen」部門

取材班は、そんな日本のラーメンにまつわる不思議なランキングを発見した。グーグル(Google)にアクセスして「ラーメン(Ramen)」というキーワードで、世界の人が何をインターネットで検索したかの多さを示すものだ(2014年)。そのベスト3を順に見ていこう。

ラーメンの検索結果は…?

3位は、「rapid ramen(ラピッド ラーメン)」。直訳すると速いラーメン。もうおわかりかもしれないが、日本人なら誰もが食べたことのあるインスタント麺だ。

2位は「ramen festival(ラーメン フェスティバル)」。直訳するとラーメン祭り。日本だとラーメン博やラーメンショーなどが有名だが、同じように世界各国で開かれているラーメンのイベントやフェスティバルのことである。

最後に1位だ。世界中の人がラーメンに関して最も検索したキーワードは何だったのだろうか。たとえば、世界進出めざましい博多の一風堂や、「豚骨(とんこつ=tonkotsu)」などの予想する人もいるかもしれない。

ただ、実際の答えは日本人の誰もがなかなか思いつかないものだ。1位は「ラーメンバーガー(ramen burger)」である。

「ん?ラーメンバーガーっていったい何?」

日本人の多くが不思議に思ってしまうのではないか。ラーメンバーガーとは何か。なぜ、世界中の人が検索しているのだろうか。取材班は、ラーメンバーガーについて調査を進めた。そして、その答えがアメリカ・ニューヨークにあることを突き止めた。

次ページニューヨークに住む日本人が開発!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。