世界が注目する「ラーメンバーガー」って何?

その答えはニューヨークにあった

ラーメンバーガーとはいったい?
なぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからない。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(月曜よる8時放送)は、そんな不思議なランキングの謎を解き明かす番組だ。データの裏側を探ると、驚きの事実が次々と明らかになってくる。

ラーメンは今や日本の国民食の一つといってもいい。全国どこへ行ってもたいていラーメン店があり、日清食品をはじめインスタント麺でも強い。世界でも日本のラーメンは高い評価を得ている。

2014Google検索ワードランキング「ramen」部門

取材班は、そんな日本のラーメンにまつわる不思議なランキングを発見した。グーグル(Google)にアクセスして「ラーメン(Ramen)」というキーワードで、世界の人が何をインターネットで検索したかの多さを示すものだ(2014年)。そのベスト3を順に見ていこう。

ラーメンの検索結果は…?

3位は、「rapid ramen(ラピッド ラーメン)」。直訳すると速いラーメン。もうおわかりかもしれないが、日本人なら誰もが食べたことのあるインスタント麺だ。

2位は「ramen festival(ラーメン フェスティバル)」。直訳するとラーメン祭り。日本だとラーメン博やラーメンショーなどが有名だが、同じように世界各国で開かれているラーメンのイベントやフェスティバルのことである。

最後に1位だ。世界中の人がラーメンに関して最も検索したキーワードは何だったのだろうか。たとえば、世界進出めざましい博多の一風堂や、「豚骨(とんこつ=tonkotsu)」などの予想する人もいるかもしれない。

ただ、実際の答えは日本人の誰もがなかなか思いつかないものだ。1位は「ラーメンバーガー(ramen burger)」である。

「ん?ラーメンバーガーっていったい何?」

日本人の多くが不思議に思ってしまうのではないか。ラーメンバーガーとは何か。なぜ、世界中の人が検索しているのだろうか。取材班は、ラーメンバーガーについて調査を進めた。そして、その答えがアメリカ・ニューヨークにあることを突き止めた。

次ページニューヨークに住む日本人が開発!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT