悶絶興奮「ウニ料理」、都内厳選6店の凄み

とにかくウニが好きなあなたへ!

贅沢にうにといくらだけでつまみにするのもいいだろう
都内の「うにグルメ」はけっこう足を運んでいると自負するうに好きのあなたへ。今回は、絶品のうにイクラ丼、趣向をこらしたうにパスタ、塩水うにをそのままいただけるうに専門店まで一挙ご紹介! こんなにもメニューの種類が豊富で多彩なうにグルメ店、すべて知っていますか? 今回は東京都内の厳選6店を紹介する。

儲け度外視の贅沢丼!

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

<1>『青』

まずは代々木上原『青』でいただける目にも美しい「うに・いくら丼」から!

丼いっぱいに敷き詰められたうには、北海道や北方四島から届けられたもの。その上から、醤油と酒に漬け込んだいくらが、贅沢に盛りつけられる。

味だけでなく価格も魅力の「うに・いくら丼」(¥1400)

しっかりとした味わいのいくらに、うにの甘みが引き立ち、あわせて用意されたわさび醤油が、一層の深みを与えてくれる。うにの下に敷かれたキュウリがさっぱりとしたアクセントとなり、食べ進めるほどに幸福を感じられる、魅惑の一品だ。うにといくらをつまんで、また日本酒が進んでしまう。こんなに豪華な丼がたったの1400円というのも驚き。大将も「本当はあまり頼んでほしくないんだよ」と笑う。儲け度外視の贅沢丼なのだ。

通うほどに魅了される、豊富な料理の数々。大将の豊かな感性が創りあげる逸品を前に、一杯、また一杯と杯を重ねながら、静かに夜が更けていく。

次ページ最後までぺろりといただける「うにパスタ」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。