悶絶興奮「ウニ料理」、都内厳選6店の凄み

とにかくウニが好きなあなたへ!

<6>『利尻うに小屋』

「塩水ウニ」が味わえる

ミョウバンなしの「塩水ウニ」が味わえるのがここ『利尻うに小屋』。まずはやっぱり、水うに刺しからスタートしたい。この日は、ムラサキウニ(画像手前)とバフンウニの2種類が登場。

雑味がなく上品なムラサキウニに対し、バフンウニは舌に乗せた瞬間、味蕾と脳でほぼ同時に濃厚な甘みを感知。来店する9割9分の客が注文するというのも納得だ。ねっとりとコクが広がり、思わず言葉を失う。

うにづくし!焼きうにも絶品!

〆は「うに茶漬け」で決まりだ

築地市場を経由せず、北海道を軸とした独自ルートで仕入れるため、相場の半額以下で新鮮なうにを提供できるという。

続いて紹介するのは、表面のみサッと炙ることで香ばしさをまとう「焼き雲丹」。これを海苔に挟み、うにと酒の幸せループにはまろう。〆は「うに茶漬け」で決まり。熱々の出汁はカツオ&昆布がベース。うにに始まり、うにに終わる贅沢を噛みしめつつ……ごっつあんでした!

東京カレンダーの関連記事
うにの5種盛り丼!うにを贅沢に食べ比べできる驚愕のどんぶり!
輝くいくらと濃厚うに!本当は頼んでほしくない程お得な絶品丼!
今年は築地ラストイヤー! こぼれんばかりのウニイクラ丼を食べに行こう!

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。