スシロー新業態、「脱回転」に秘められた野望

東京以外へも出店、いずれは海外へ

東京・中目黒にオープンした「ツマミグイ」

1984年の創業以来、31年にわたって回転寿司チェーン「スシロー」一筋できた「あきんどスシロー」。回転寿司の代名詞ともいえる同社が、新業態に挑んでいる。2015年1月29日に東京・中目黒にオープンした「ツマミグイ」だ。

ツマミグイでは同じ寿司とは言え、従来の形にこだわらず、ロール寿司やお酒に合わせた焼き物などを提供。1号店のオープン当初、「スシローが回らない寿司に挑戦」と話題になった。

6月19日に赤坂見附、7月31日に新橋に開店し、3店舗体制で展開中だが、現在の状況はどうだろうか。あきんどスシローの商品企画部長であり、「新業態推進室長」も兼ねる堀江陽さんは次のように語る。

「スシローはファミリー層をターゲットにした郊外型です。対してツマミグイはこれまでになかった都市型を狙っています。さまざまな実験を重ねながら、お客様に対していちばんよい方法を探っているところです」。

企業理念は「おいしいものを安く」

8月から新業態推進室長兼務となった堀江陽・商品企画部長

創業から続く企業理念には「おいしいものを安く、お腹いっぱい食べていただきたい」というメッセージが込められている。それをシンプルに具現化したのが、すしを中心に、1皿100円からという価格で、サイドメニューも含め約130種のメニューを提供しているスシローだ。

「今ではおいしく安く、というのは当たり前。それだけやっていても、お客様のニーズに応えられません。バリューフォーマネー、つまり価格相応の納得できる価値を提供するというのが、ツマミグイが目指すもの。そのために、スシローでできなかったことに挑戦しているのです」(堀江さん)。

次ページ店のコンセプトは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT