スシロー新業態、「脱回転」に秘められた野望

東京以外へも出店、いずれは海外へ

東京・中目黒にオープンした「ツマミグイ」

1984年の創業以来、31年にわたって回転寿司チェーン「スシロー」一筋できた「あきんどスシロー」。回転寿司の代名詞ともいえる同社が、新業態に挑んでいる。2015年1月29日に東京・中目黒にオープンした「ツマミグイ」だ。

ツマミグイでは同じ寿司とは言え、従来の形にこだわらず、ロール寿司やお酒に合わせた焼き物などを提供。1号店のオープン当初、「スシローが回らない寿司に挑戦」と話題になった。

6月19日に赤坂見附、7月31日に新橋に開店し、3店舗体制で展開中だが、現在の状況はどうだろうか。あきんどスシローの商品企画部長であり、「新業態推進室長」も兼ねる堀江陽さんは次のように語る。

「スシローはファミリー層をターゲットにした郊外型です。対してツマミグイはこれまでになかった都市型を狙っています。さまざまな実験を重ねながら、お客様に対していちばんよい方法を探っているところです」。

企業理念は「おいしいものを安く」

8月から新業態推進室長兼務となった堀江陽・商品企画部長

創業から続く企業理念には「おいしいものを安く、お腹いっぱい食べていただきたい」というメッセージが込められている。それをシンプルに具現化したのが、すしを中心に、1皿100円からという価格で、サイドメニューも含め約130種のメニューを提供しているスシローだ。

「今ではおいしく安く、というのは当たり前。それだけやっていても、お客様のニーズに応えられません。バリューフォーマネー、つまり価格相応の納得できる価値を提供するというのが、ツマミグイが目指すもの。そのために、スシローでできなかったことに挑戦しているのです」(堀江さん)。

次ページ店のコンセプトは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。