ジブリ高畑勲監督がアニメ業界に遺した宝物

宮崎駿やガンダム監督にまで影響を与えた

高畑監督の影響は日本だけに限らない。オランダの監督であるマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットもその一人。米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞したヴィット監督の『岸辺のふたり』を見た高畑監督がこれに感銘を受けて、長編『レッドタートル ある島の物語』が実現した。

高畑監督は本作で、アーティスティック・プロデューサーとしてクレジットされている。制作にあたりスタッフは、高畑監督と密なコミュニケーションを取ったという。高畑監督へのリスペクトが、海外にも広がっていることを示すエピソードだ。

その才能はダ・ヴィンチの如く

海外アニメーションの活性化も、高畑監督の大きな関心のひとつであった。2007年にスタートした「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」は、世界の優れたアニメーションを、ジブリ美術館がセレクトして紹介するものである。

作品のセレクトに高畑監督は深くかかわり、その多くに解説文、推薦文を書いてきた。また『アズールとアスマール』のように作品の監修・翻訳をしたものもある。海外作品を評価し、その傑作を紹介する。これも高畑監督のあまり知られない業績のひとつである。

こうして見ると、数々のアニメーションの傑作を残した高畑勲監督だが、監督・演出の仕事は彼の数多くの才能とキャリアの一部といえる。

高畑勲という才能を考えるとき、レオナルド・ダ・ヴィンチが思い浮かぶ。世界的な画家として歴史に残したダ・ヴィンチは、著名な画家であると同時に発明家であり、土木設計家であり、科学者であり、理論家であった。高畑勲監督は、そこに相通じると思えるのだ。

今後、高畑勲の語ってきた言葉は、さらに大きな影響を遺(のこ)すのでないか。そう考えると、60年のキャリアに比べると決して多くない高畑勲の監督・演出の仕事、作品数も納得がいく。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。