相手を心底不快にさせる3つのダメな話し方

「なぜ」と「せっかく」には要注意

会議などで原因を追及するときは、この「なぜ」は必要です。しかし、気持ちに関連する「なぜ」は相手を追いつめる危険な言葉です。気持ちは、「なぜ」と言葉では言い表せないことがあります。また、頭でわかっている(理性では理解している)が、どうにもならない(気持ちが動かない)こともたくさんあります。心理学では、不一致と言われる状態なのですが、多くの悩みや葛藤はこの不一致で起こります。

どうにもならないことを「なぜ」と問われても、追いつめられるだけなので、気持ちに言及する「なぜ」は慎重に使う必要があります。相手の意向や気持ちを知りたい心情はわかりますが、「なぜ」を使えば、なお一層、相手との心の距離は遠ざかってしまいます。

「せっかく」という言葉は恩着せがましい

3.恩着せがましい「せっかく」

「せっかく持ってきたのに」「せっかくやってあげたのに」といったフレーズは、親しくなってくるからこそ使ってしまいがちなものかと思います。親密さが増したり、やり取りが増えてくると、起きやすい場面です。

「せっかく」には、「私はあなたにこんなにしてあげているのに」という親切心の押し売りや、「私の気持ちを無下にしないで」という強迫とも取れます。相手にとっては、あなたが「せっかく」心を砕いたことでも、迷惑なこともあります。それを、無理矢理に押し付けるような言い方をすると「頼んでないし」という反発の気持ちが芽生えてしまい、それこそ、相手の役の立ちたい、喜んでもらいたいと思ったあなたの気持ちとは裏腹に嫌がられてしまうことさえあるのです。

「せっかく教えてあげたのに、(あなたは)なぜやらないの?」

これは、3要素が含まれる最悪パターンです。もう相手はあなたにうんざりしてしまうでしょう。

これらを一度、使っただけで関係性にひびが入ることはないと思いますが、こうしたフレーズを日々のやり取りの中で繰り返し使ってしまうと、相手が不快に思うことが増えていきます。

不快なやり取りをする相手とは、なるべく距離を置きたくなるのが人情ですので、そのうちに、そのほかのことも受け入れられなくなり、次第に、時には「急に」と感じるタイミングで(実際には小さなことが積み重なって)相手が離れてしまうことがあるのです。

関係性悪化を防いでいくため、3つのフレーズを多用することを避け、よりよい人間関係を育んでいかれることを願っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT