「入社1年目」へ言ってはいけない3つの言葉

早期離職を防ぐには部下の「タイプ」を学べ

多くみられる新卒1年目のタイプと彼らの本音とは?(写真:cba / PIXTA)

2017年も残すところあと少し。4月に新卒入社した新人たちは少しずつ頼もしくなり、ある程度の業務を任されている頃だろうか。

年始にありがちな「サプライズ離職」

ところが、この時期になって頭を抱えはじめる上司は意外と多い。入社後数カ月は研修など学びに徹する時間が多かった新人たちも、下半期ともなれば実務が中心。そこで初めて本人の素養や仕事への資質が見えてくるからだ。年末年始休暇を挟むと、突然「退職することにしました」と、新人からの予期せぬメッセージにさらされ、もう少し早く言ってくれれば……とうろたえる上司も少なくない。

そこで今回は筆者がコンサル支援する企業において、多くみられる新卒1年目のタイプと彼らの本音をご紹介。実例を交え、マネジメントが新卒社員と接する際のNGと好例を解説する。

次ページ高い志を掲げる論理派「なぜ?なぜ?タイプ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。