「職場の無駄話」がうつ病予防に有効なワケ

「帰りにちょっと1杯」が激減している

「人と話すこと」にある効果とは?(写真:iryouchin / iStock)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

「5月病」という言葉にも使われている5月に入ります。青い空や青葉、眩しい陽射しの日も増えてくる明るい雰囲気とは裏腹に、心の不調を訴える方が多くなる季節でもあります。年度替わりの変化や忙しさの増す4月の生活環境の中で、蓄積した心身の疲労が表面化する時期です。GWで一息ついたとたん、自分自身の変化に気づく方も多いのではないでしょうか。

この連載の記事一覧はこちら

「なんだかやる気が起きない」「気持ちが沈んでいる」「体が重い」というようなことを感じるようになってから初めて「あれ、こんなに疲れてた?」と自覚することもあるかと思います。これが進んでしまうと、もう「何もしたくない」「誰とも会いたくない」と悪循環に陥りますので、少しでもこのような状態に気づいたら、ダメージが大きくならないうちに、やっていただきたいことがあります。

「人と話すこと」が大事

たかが話すことと思う方も多いかと思いますが「されど話すこと」なのです。

カウンセリングをしていると、不調の回復に時間がかかる方々に「話す場」を持たない方が圧倒的に多くいます。単身世帯であったり、交友関係が少ない、趣味の集まりや何かしらのコミュニティに参加することもなく、そもそも人と直接話をする場がほとんどない方です。

次ページ男性のほうが話をする機会が少ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT