「アラフォー社員」が職場で孤立する理由

「仲間」をつくりにくい環境にある

就職氷河期のあおりをいちばん受けた今のアラフォー世代には、同期が極端に少ないか、いないことも…(写真:den-sen / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

就職氷河期世代の正確な定義は存在しませんが、一般的には卒業年が1993年度から2005年度の世代を就職氷河期世代といい、大卒の場合であれば、1970年4月2日生まれ~1982年4月1日生まれの人が該当します。現在の年齢でいうと35~47歳というところでしょうか。そして中でもいちばん厳しかったのが、2000年前後なので、まさにアラフォー世代がいちばんあおりを受けているといえます。

当然のことながら採用数は少なく、「同期がいない」「すっぽりとその年代がいない」という企業も少なくありません。そこで今起きている問題があります。

アラフォーには信頼できる仲間がいない

この連載の記事一覧はこちら

まずは、物理的に仲間がいないということです。そもそも人数が少ないうえに、ミスマッチにより離職するケースも多いからです。就職難の時期において、学生は「志望する企業」と違っても、ようやく取れた内定により就職するケースが増えるため、モチベーションを保つことが難しくなります。その結果として、俗に言う「やる気のない」同期との信頼関係を育むのが難しい場合があり、離職に至るケースも多く、さらにその年代の人員が減るという事態を引き起こしていて、心情的にも、物理的にも仲間をつくりにくい環境にあります。

そのような中で、職業上の悩みや相談などを抱え込みがちになり、孤立していくケースがあるのです。

次ページ新しい人間関係の中で孤立することも…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT