相手を心底不快にさせる3つのダメな話し方

「なぜ」と「せっかく」には要注意

YOUメッセージの場合、「あなたがこうしていてくれたら、私は困らなかったのに」、または「私は後ろめたい思いにならずに済んだのに」といった具合に、あなたのせいで、私はこんな気持ちを抱いてしまったと、相手を責めるような言い方になりかねないのです。

ですから言われたほうは、待っていたことを非難されているような気持ちになります。待たされた揚げ句、遅れてきた相手にさらにダメージを与えられるわけです。相手に対して不快感を抱いても仕方がないでしょう。

このように「あなた」を主語にすると、相手は責められている感じを強く持ちます。

「○○しなさい」という命令が、心情的に受け入れにくいのは、「あなたが○○しなさい」と言われることによって、追いつめられる気持ちになるからなのです。人は、「YOUメッセージ」で言われると、より自分を意識します。

「Iメッセージ」であれば受け止めやすい

たとえば、何かの係決めで「次の役員は、あなたがやってください」と言われるのと、「次の役員をあなたにやってもらいたいと思っています」と言われるのと、どちらが受け取りやすいでしょうか。前者はYOUメッセージで、後者はIメッセージです。

もちろん語調などの言い方も影響しますが、おそらく後者のほうが、心情的に受け取りやすいかと思います。ですから、何かを依頼するときに「(あなたが)やっておいて」ではなく「(私は)お願いしたい」と伝えると、相手はそのメッセージを受け取りやすくなります。

YOUメッセージを多用していないか、振り返ってみましょう。

2.相手を追いつめる「なぜ」

「なぜ○○しないの?」

問題解決志向の方や、アドバイスをする傾向の強い方は、「なぜ」というフレーズをよく使います。実は「なぜ」は、「デンジャラスクエスチョン」と呼ばれ、最も注意しなければならないタイプの投げかけです。

次ページ相手を追いつめる危険な言葉
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT