転職先での「お手並み拝見」を乗り越える方法

容赦なく浴びせられる「好奇の眼差し」

転職をしましたが、なじめません(写真: Fast&Slow / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
1月、30歳で初めての転職をしました。それまで勤めていた会社でも、十分に仕事は面白かったのですが、同じ業界でもう少し会社規模が小さく、裁量の大きそうな会社で、もっと力を伸ばしたいと思ったからです。そして念願が叶い、リーダー職で採用され、新天地で勤務を始めました。
ところが、まったくなじめないのです。新卒採用がメインの企業だからか、中途採用者に対しては、「お手並み拝見」といった冷たい態度で遠巻きに見ている感じです。出来上がった人間関係には溶け込めず、ひとりでぽつんとデスクに座ってランチすることも多く、こちらから頑張って声をかけなければ近寄ってくる人もいません。
業務上も、「これは、こうすることに決まっています」などと、私のやり方を全否定されることも。最初だけかと思ったのですが、2カ月経ってもほとんど変化がありません。陰湿ないじめがある、とかではないのですが、ものすごく居心地が悪いのです。希望を持って転職してきたので、ぜひ前向きに楽しく働きたいです。周囲とのかかわり方や心の持ち方について、アドバイスいただけないでしょうか。

誰とどんなふうに働くかという大問題

まずは、ご転職、おめでとうございます。「今いる場所が不満だ」というのではなくて、前向きな選択、すばらしいと思います。リーダー職を任されるなんて、まさに新しいステージの始まりですね。

この連載の一覧はこちら

そんな中でのあなたの苦しさ、お察しします。会社には業務・仕事だけをしに行くわけではなくて、誰とどんなふうに働くか、ということも、モチベーションやパフォーマンスに影響しますよね。

慣れない仕事を覚えていくだけでなく、人間関係を新しく作り、そのうえ、リーダーとしての責任もあるわけですから、悩んでしまうのもとてもよくわかります。

次ページ見ていないようで、じっくり見られている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。