「人脈が広い人」と「ない人」は何が違うのか

30代になってふと気づく「狭さ」

自分らしく社外人脈をつくり、仕事に役立てていくにはどうすればいいでしょうか(写真 : IYO / PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onnaーsodan@toyokeizai.co.jp)まで

 

【ご相談】
30代女性です。ふと社外の知り合い、社外人脈といえるものがほとんどないことに気づきました。社内の同僚や上司と仕事を完結させることが多く、焦りを感じます。
思い切って、社外の講演会などにも行ってみたのですが、アグレッシブに講師に話しかけ、名刺交換する人たちに圧倒されてしまい……。異業種交流会なども気後れするのが目に見えていて、参加しようと申し込んでも、言い訳を見つけてドタキャンしてしまう自分がいます。情けないです。どんどん前に出ていくタイプではない私が、自分らしく社外人脈をつくり、これからの仕事に役立てていくには、どうしたらよいでしょうか。

「世界が狭いのでは」という不安

この連載の過去記事はこちら

気づけば、学生時代の友人や退職した元社内の友人と疎遠になっている――。「社会人になって、自分はたくさんのものを失ってしまったのでは」などと感じたことのある人も少なくないのではないでしょうか。

仕事だけでなく、プライベートでも社内の人と過ごすことが増え、わかり合えるし楽しいのだけれども、「世界が狭いのではないか」と不安になる。社外の知人が多い人と会話すると焦りは募るばかり。今のままでもいいのではないか、いやダメだ、という気持ちは繰り返し起こって、最後は自分を責めてしまう……。私にもその気持ち、すごくよくわかります。

まず、あなたは情けなくなんかないですよ! 「狭い世界にいるのではないか」と現状に危機感を抱いているだけでもすばらしいと思います。エスタブリッシュな企業に勤めていたり、大きな金額・ビジネスを動かしている人の、「自分が世界を動かしている」的な勘違い発言や、「自分のいる世界だけで十分広い」「優秀な人の密度が高いからココだけでも成長できる」と思っているなと感じる言動など、時に見聞きすることがありますよね。「今で十分」と本気で思ってしまうのは、人の成長を止める原因のひとつになりかねません。

次ページなぜ「社外人脈」をつくるのか、目的から考える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT