ビジネス交流会で「学歴」を聞いてはいけない

はじめての交流会・懇親会での振る舞い方

交流会のような場でどのように振る舞えばよいのか、意外と知らないものだ (写真:Rawpixel / PIXTA)

社会人になると、そのうち、ビジネス関係の「交流会」や「懇親会」に誘われることがあるだろう。同じ業界や、広報や人事など同じ職種、あるいは異業種のビジネスパーソンが十数人~百人以上集まり、交流を深める会は、全国各地でおこなわれている。上司や同僚に付き添いを頼まれたり、取引先との付き合いがあったりすれば、面倒でも参加しなければならないだろう。

しかし、どうせ行くからには、何かを得て帰らなければもったいない。交流会で知り合った人が、後日、仕事上で力になってくれることはよくあることだ。

そこで、良いつながりを得るために、はじめてビジネス交流会に参加する人がおさえておくべき、基本的な振る舞い方について8つのポイントをまとめた。ぜひご参考いただきたい。

周りの人との名刺交換から

ポイント1  誰でもいいから、できるだけ早く話しかける

大規模な交流会は特に席はなく、立食パーティー式で行われることが多い。こうした会では、誰に話しかけていいのかわからず、長時間一人でボーッと突っ立っていることになりがちだ。

「人脈を広げるのが目的ならば、すぐ近くにいる人で構わないので、できるだけ早く話しかけるといい」とアドバイスするのは、一橋大学特任教授の西山昭彦氏。『稼いでいる人が20代からしてきたこと』の著者で、東京ガスに勤めていた時に1500人もの会員数を誇る交流会を主催していた経歴の持ち主だ。

次ページ最初の話しかけ方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT