海外出張では機内の映画を見てはいけない

初心者がおかしがちな6つの注意ポイント

最近はグローバル化が進み若手社員でも海外出張をする機会は多い (写真:xiangtao/PIXTA)

グローバル化が進んだ昨今、海外出張は珍しいことではなくなった。とはいえ、はじめて海外に出張するときは、右も左もわからず、不安と緊張でいっぱいだろう。大きなミスをしないためには、どんなことに気をつければ良いか。海外出張の初心者がおかしがちな失敗のポイントを6つ挙げた。ぜひ参考にしてほしい。

仕事道具は機内に持ち込み荷物トラブル回避

1.スーツケースは50~60リットルが鉄板

スーツケースのサイズは迷うところ。土産を買って帰ることを考えると、大きなサイズの方が良さそうだが、移動が多いとジャマになる。

『はじめての海外出張』の著書を持つトラベラーズカフェワールドギャラリー代表の橋場泰樹氏が薦めるのは、50~60リットル程度。キャスターは4輪全てが360度回転し、車輪の直径が5cm以上のものが使いやすいという。

「50~60リットルでは足りない」と感じるかもしれないが、機内持ち込みのバッグに仕事道具を入れるようにすれば、なんとか足りるはずだ。

2.スーツケースに仕事道具は入れない

機内に持ち込む手荷物には機内で使うものだけを入れて、残りの荷物はスーツケースに入れて預ける。一見、問題なさそうな行動だが、途中で飛行機を乗り継ぐときには要注意。乗り継ぎする空港で、積み込みミスが発生し、最終目的地でスーツケースが出てこないことがよくあるからだ。

橋場氏は添乗員時代、このトラブルに何度も遭遇したという。
「下手すると、到着まで2、3日かかることも珍しくありません。最悪だったのは、大半のお客様のスーツケースが見つからないのに、自分のスーツケースだけ出てきた時。この時は、本当に気まずかった……」(橋場氏)

次ページ仕事道具の他に持ちこむものは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT