海外出張では機内の映画を見てはいけない

初心者がおかしがちな6つの注意ポイント

5.機内の映画は見てはいけない

アメリカ方面に出張する時には時差ボケにも気をつけたい。日付変更線を越えると、かなりキツイ時差ボケに悩まされることになる。橋場氏は「アメリカ方面の出張では、到着初日は何も予定を入れないほうがいい。初日に商談をすると、ミスをおかしやすい」という。

2日目以降まで時差ボケで悩まされないためには、行きの飛行機で体内時計を合わせる努力をすることが大切だ。具体的には、出発前日を寝不足気味にして、搭乗したらすぐ、腕時計を現地時間に合わせる。機内食をちゃんと食べることも意外と大切だと橋場氏は指摘する。到着地の時間に合わせて出されるので、体内のリズムを合わせやすいそうだ。また、最新作が豊富にあるからといって、映画を見るのはやめておこう。光の刺激で眠れなくなってしまうからだ。

各国ならではの風習に気をつける

6.コートは着たまま入る

海外に行けば、その国ならではのビジネスマナーや風習がある。それが守れないと現地の相手が不愉快な思いをすることもある。たとえばマスコミに勤めるBさんは、イラン出張をする時に「ネクタイを着用してはいけない」と先輩にきつく言われたという。ネクタイは西洋文化の象徴なので、イランでは嫌われるからだ。事前に、どんなマナーや風習があるのかを押さえておこう。

欧米に行った時、日本人がよく間違えやすいこととして橋場氏が挙げたのは、客先には冬物のコートを着たまま入ること。「日本では外でコートを脱ぐのが常識ですが、欧米では『まだ招き入れてもいないのに、コートを脱ぐずうずうしいヤツだ』と見られてしまいます」。コートは建物の中で脱ぎ、預かってもらおう。また、商談後、夜の食事会での服装は、ノーネクタイのビジネスカジュアルでも良いが、シャツをズボンから出すと「だらしない」と見られるので、やめておきたい。

以上のことに注意して、はじめての海外出張を成功させていただきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT