プロ直伝!軽量かつ最強のイマドキ出張装備

「サブの2台目」はスマートフォンが大活躍

今年は海外出張が多い。国内出張も多い。海外は1月からほぼ毎月どこかに行っている。今月も現在、サンフランシスコ―ロサンゼルスと移動しながらの取材の最中である。なんだろう、あんまり自宅にいる記憶がない。

実は、海外出張の前の週は、新著の執筆で都内某所にこもっていた。いわゆる「缶詰」という奴だ。別にかっこよくはない。他の用件を全部シャットダウンし、書籍の執筆に専念しなきゃいけないくらい切羽詰まっている、というだけの話だ。そんなスケジュールをひく原因になった、どこかの誰かに恨み言を言いながら仕事中である。

というわけで、今年はとにかく、出張装備のまま仕事をすることが多い。せっかくなので、私の出張装備について解説してみよう。このメルマガでも過去の出張装備に触れているので(検索してみたところ、2015年1月29日 Vol.067で書いたようだ)、バックナンバーなどを使い、そちらも参照しつつお読みいただけるととてもありがたい。

「出張装備」と「日常装備」の差が減った

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

さて、私の出張装備、とはいうものの、過去と現在ではけっこう方向性が変わった。2014年あたりが境目だったように思うが、過去には「出張装備」と「日常装備」の間に大きな差があった。毎日使っていて、カバンに入っている仕事用の道具と、出張用のものは全然違ったのだ。

だが現在は、出張装備と日常装備の差は減った。PCもしくはタブレットが1台増えること、カメラを入れ替えること。それだけだ。

そもそも筆者は、「出張時には必須の道具を2つもつ」ことをポリシーとしてきた。PCも2台、カメラも2台、電話も音声レコーダーも2台だった。片方がなくなったり、壊れたりしても大丈夫なように、である。

結果、機内持ち込み荷物はかなり重く、大きかった。サブのカメラ用のACアダプターやサブのICレコーダーなどは、預入荷物に入れておくようにしていた。

だが、である。

次ページなくしたところで、世界中どこででも手に入る
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT