必見!「予備も持つ」のにシンプルな出張装備

デジタル機器の電池切れリスクも劇的に軽減

この記事は夜間飛行の小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年06月12日 Vol.038 <西田さん出張で今回はコデラがんばる号>の冒頭です(写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

今この記事を書いているのは成田のラウンジだ。以前メルマガのQAでも質問があったのだが、今回は「私の出張装備」について話そうと思う。

実は、もう5年以上前、ASCII.jpの連載で出張装備について書いたのだが、その時も妙に反応が良く、結局、話題の新製品レビューよりも読まれ続けた経験がある。要はみなさん、それだけ困っているということなのだろう。せっかくなので、「私の出張装備2015」をお届けしよう。

方針は10年前から変わらず

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)からの転載記事です

10年前から、私の出張装備の方針は変わらない。「すべては2つ持て」。シンプルといえばシンプルだが、これにかなり救われている。

PCが壊れたら仕事はできないし、カメラも同様。一度など、本体はOKなのに近距離用のレンズだけがダメになり、近いところが撮影できなくなったこともあった。

結果、仕事に必須である、「PC」「カメラ」「音声のレコーダー」「電話」は2つ荷物に入れるようになった。おかげでかなり救われる。その分荷物は多かったわけだが、それはそれでしょうがない。

しかし「2つ持て」の方針は、2010年を境にけっこう本質的な変化を迎え、中身がかなり入れ替わっている。

次ページ2009年と2015年のリストを見比べると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT