必見!「予備も持つ」のにシンプルな出張装備

デジタル機器の電池切れリスクも劇的に軽減

この記事は夜間飛行の小寺信良&西田宗千佳メールマガジン「金曜ランチビュッフェ」2015年06月12日 Vol.038 <西田さん出張で今回はコデラがんばる号>の冒頭です(写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

今この記事を書いているのは成田のラウンジだ。以前メルマガのQAでも質問があったのだが、今回は「私の出張装備」について話そうと思う。

実は、もう5年以上前、ASCII.jpの連載で出張装備について書いたのだが、その時も妙に反応が良く、結局、話題の新製品レビューよりも読まれ続けた経験がある。要はみなさん、それだけ困っているということなのだろう。せっかくなので、「私の出張装備2015」をお届けしよう。

方針は10年前から変わらず

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)からの転載記事です

10年前から、私の出張装備の方針は変わらない。「すべては2つ持て」。シンプルといえばシンプルだが、これにかなり救われている。

PCが壊れたら仕事はできないし、カメラも同様。一度など、本体はOKなのに近距離用のレンズだけがダメになり、近いところが撮影できなくなったこともあった。

結果、仕事に必須である、「PC」「カメラ」「音声のレコーダー」「電話」は2つ荷物に入れるようになった。おかげでかなり救われる。その分荷物は多かったわけだが、それはそれでしょうがない。

しかし「2つ持て」の方針は、2010年を境にけっこう本質的な変化を迎え、中身がかなり入れ替わっている。

次ページ2009年と2015年のリストを見比べると?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。