必見!「予備も持つ」のにシンプルな出張装備 デジタル機器の電池切れリスクも劇的に軽減

印刷
A
A

実際に計測したことはないが、もっともかさばっていた時期と比較すると、最低でも重量で3分の1、体積で4分の1くらいになっている。

また、USB系だと「給電方法が多様である」こともプラスである。PCから給電を受けることもできるし、モバイルバッテリーも使える。モバイルバッテリーは、いまやコンビニでも手に入る時代。万が一の際にはコンビニに飛び込めばいい。結果、電源切れが原因のトラブルは激減した。

7、8年前、海外出張装備と「国内の日常の仕事装備」は、ずいぶん違った。だが今は、その差はかなり小さい。NEX-7と予備のスマホ、iPadがないだけだ。これらはサブの役割だったり、大規模な海外イベントの事情に合わせたものだったりするので、普段はなくても仕事ができる。

世界中どこでも「同じ感覚」に

電源系は全部鞄に入れても400g程度だし、ほかもコンパクト。結局、普段仕事に持ち歩いている仕事道具と海外向け装備の差は、ほぼなくなってしまった。都内で仕事している装備のまま、「そのまま夜の便でサンフランシスコへ」と言われても、なんとかなるほどだ(衣類は途中で買うとして、だが)。

フェイルセーフを十分に考えた装備でも、もはや重量・サイズの制約はなくなった。今後、電源がUSB Type-C系に移行していけば、荷物はさらに減るだろう。PCのための電源、という考え方がなくなるからだ。

現在手元にあるmicroUSBケーブルの入れ替えでちょっと頭が痛いが、実際にはきっと、各種機器を買い換えていくごとにひとつずつ入れ替わっていく、という感じだろうと予想している。

現在は筆者がよく行くアメリカやヨーロッパならば、日本ほど快適とはいわないが、通信回線が問題になることもなくなった。明らかに、世界中どこでも「同じ感覚で仕事をする」環境はできあがってきた、と感じる。

結局、仕事環境における進化とは、「フェイルセーフの効く余裕があるにもかかわらず、持ち物はシンプルになる」ということだったのではないか、というのが筆者のひとつの結論である。

プレタポルテの関連記事
新「MacBook」、「ペタペタ」キーボード礼賛論(西田宗千佳)
なぜ電車内にベビーカーを持ち込む人は嫌われるのか?(岩崎夏海)
Yahoo! JAPAN「爆速」の終わり(山本一郎)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT