プロ直伝!軽量かつ最強のイマドキ出張装備

「サブの2台目」はスマートフォンが大活躍

今はそれがかなりシンプルになった。PCを除き、「サブの2台目」をスマートフォンがこなしてくれるようになったからだ。結果、音声レコーダーは1台になり、カメラも1台になった。

しかも、充電は基本的に「USBで行えるもの」しか選ばないようにした。これで、ACアダプターの類も一気にシンプルになる。なくしたところで、世界中どこででも手に入る。

現在、日常的に使っている装備は以下の通りだ。

- PC:iPad Pro 12.9インチ もしくは Surface Pro 4

- カメラ:SONY DSC-RX100M3

- レコーダー:SONY HDR-MV1

- ACアダプター:ANKER PowerPort 5 USB-C

- スマートフォン:iPhone 6s Plus もしくは Nexus 5X

マイクロソフト、アップル以外のPCを選びづらい理由

PC系とスマートフォンは、時々に応じて使いわけているので不定だが、両方、ということは少ない。この程度なら、普段使いのバッグに楽々入る。

Suraface Pro 4以外はすべてUSB充電可能だから、追加のACアダプターも不要だ。Surface Pro 4のACアダプターについては、日本はもちろん、アメリカ・ヨーロッパでも、マイクロソフトの直営店「Microsoft Store」に行けば必ず在庫があるので、なくしたり故障したりした時のリスクは小さい。これはアップル製品でも同様の良さがあり、他社のPCが選びづらい理由になっている。

これらに加え、USBケーブルを3本、東芝製のTransferJetアダプターを巾着型のポーチに入れてあり、それで装備は終了だ。総重量は5kgに満たないと思う。スタイラスペン類は、本物のペン(万年筆や赤ボールペン)と共に、筆箱に普通に入れている。

これが「出張装備」となると、

- Surface Pro4とiPad Proを両方持参

- カメラがSONY DSC-RX10M2に変更

- スマートフォンはiPhone 6 PlusとNexus 5Xを両方持参

になる。カメラは一気に大きく重くなるが、望遠に強くなり、フィールドを選ばなくなる。PC系とスマホが「2つ」になるのは用心のため。どちらかあれば、今の仕事は滞りなくできる。移動中に本を読んだり地図を見たりするのは、主にiPadの仕事だから、そういう意味では、タブレットは「必須装備」だ。

次ページ預け入れ荷物が紛失しても仕事に支障ナシ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。