プロ直伝!軽量かつ最強のイマドキ出張装備

「サブの2台目」はスマートフォンが大活躍

現在の出張装備。カメラは写っていないが、だいたいこんな風に机に機材を広げ、仕事をしている。

また以前は海外でSIMを調達し、それで通信をするためにSIMフリーのポケットルーターを持っていたが、今はそれもない。iPad Proがセルラー版なので、そこに入れればいいからだ。今後はPCを買う時も「SIMが刺さらないものは買わない」と決めている。そのくらい、単体で通信ができるのは便利だ、と身に染みて感じる。

というわけで、出張装備になっても、重量は3kgも増えない。同じカバンですっぽり入る。それでいて、衣類を除けば、預け入れ荷物が紛失しても仕事に支障はない。

それでも、まだ若干迷っていること

おそらく、こんなパターンが完成系なのだろうな、となんとなく思っている。変わるとすれば、PCがACアダプターを必要とするものから、「USB type C」で充電するものに変わる、というところぐらいかと思う。そうなれば、わざわざ荷物に追加しているSurface Pro 4のACアダプターもお役御免だ。

結局は「ひとつでいくつもの役割を果たす」「失っても替えが効く、補充が効く」というあたりがポイントなのだろう。

若干迷っているのは、ここに「360度カメラを必須にするか」否か。一応リコーのTHETA Sは常備しているが、360度写真での情報提供も必須になるなら、それも考えなくてはいけない。

まあでも、映像ではなく「文字屋」である私は、この程度のものがあれば、どこでも仕事はできてしまうのだなあ……、と、改めて確認しているところである。

プレタポルテの関連記事
使ってこなくてごめんなさい! 意外なほど実用的「TransferJet」(西田宗千佳)
日本のビジネスを変える!?「類人猿分類」は<立ち位置>の心理学(名越康文)
大人の女におやつはいらない 上質な人生を送るための5つの習慣(若林理砂)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。