前向きな失敗は、必ず成功へのプロセスになる

【仏凱旋門賞現地報告】池江調教師の不屈の精神力に学べ

優勝したトレヴ(左)をたたえるスミヨン騎手(右)。2年連続でオルフェーヴルは2着(PanoramiC/アフロ)

競馬の世界一を決めるレース、フランスの凱旋門賞が終わった。今回筆者は、パリ郊外のロンシャン競馬場に足を運び、間近で激闘を見てきた。

日本馬はオルフェーヴルが2着。キズナが4着。「東洋経済オンライン」で筆者は、前者を管理する池江泰寿調教師に注目してきた(→記事はこちら)わけだが、惜しくも2年連続2着だった。今回のコラムでは、読者の皆様に筆者が見たロンシャンの実態をお伝えする。それととともに、「決断力を鍛える」という観点から、改めて池江調教師の不屈の精神が、いかに志の高く、重要なものであるかを考えたい。

不必要に目立ちすぎていた、日本の一部報道関係者

ロンシャン競馬場は、ひとことでいえば、「ヨーロッパ中の貴族」が集まる社交の場で、ほぼ想像通りだった。「スーパーモデルか?」と見まがう美人が、原色ドレスと、頭の何倍もある帽子をかぶり、優雅に歩いていく。男性は当然オシャレスーツにネクタイだ。そこで、1本90ユーロ(1万円強)のモエ・シャンドンをたしなむ。そんな場だ。

VIPエリアとなると、さらにスゴい。帽子のてっぺんから1メートル近くの羽が伸びている人もいれば、上品に葉巻やパイプをたしなむご老人、カタールの王族まで、実に国際色豊か。気品あふれるムッシュとマダムが、シャンパン片手に、競馬の話から、衣装のホメ合いまで、上品な会話を繰り広げている。

次ページ負けても、決して屈しない池江師
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT