バフェット氏も賞賛する、日本型経済モデル

競馬も4連勝中!ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

「安倍首相、取り戻すべきは、政治の世界です」(撮影:梅谷 秀司)

失われた20年とかよく言われますが、実は戦後最長の好況期とは「いざなみ景気」でありまして、これは2002年~06年の小泉政権時代にぴったり重なるわけであります(編集部注:一方、「いざなぎ景気」は1965年11月~1970年7月まで続いた景気拡大局面)。

安倍さん、日本経済は「その先」に進んでます

実際税収も増加していましたし、輸出も増加、2008年のリーマンショック前には輸出が80兆円にも達していました。バブルのピークでさえせいぜい40兆円だったのですから、円高時に輸出を倍増させていたわけですね。その後リーマンショック、震災と大変な衝撃を受けてた後も日本は年間60兆円近い輸出をしているわけですから、安倍晋三首相は「日本を取り戻す」とか言っていますが、日本経済はとっくに「取り戻って」先に進んでいます。「取り戻って」いないのはあなたの専門の政治の世界でしょ、しっかりしなさいよ、くらい言ってやりたい気分になります。

しかし、こういうお話をしても、どうもみなさま実感がない。それもそのはずで、企業業績がいくら良くなっても、肝心の給料が上がらない。こちらはバブル期をピークに下がりっぱなしでありまして、それこそ、バブル期の半分くらいになってしまっている業界まであるのですから、それは実感がないでしょう。

次ページ日本はアメリカ型経営を追いかけるが、本家は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT