バフェット氏も賞賛する、日本型経済モデル

競馬も4連勝中!ぐっちーさんが読む、ちょっと先のマーケット

「安倍首相、取り戻すべきは、政治の世界です」(撮影:梅谷 秀司)

失われた20年とかよく言われますが、実は戦後最長の好況期とは「いざなみ景気」でありまして、これは2002年~06年の小泉政権時代にぴったり重なるわけであります(編集部注:一方、「いざなぎ景気」は1965年11月~1970年7月まで続いた景気拡大局面)。

安倍さん、日本経済は「その先」に進んでます

実際税収も増加していましたし、輸出も増加、2008年のリーマンショック前には輸出が80兆円にも達していました。バブルのピークでさえせいぜい40兆円だったのですから、円高時に輸出を倍増させていたわけですね。その後リーマンショック、震災と大変な衝撃を受けてた後も日本は年間60兆円近い輸出をしているわけですから、安倍晋三首相は「日本を取り戻す」とか言っていますが、日本経済はとっくに「取り戻って」先に進んでいます。「取り戻って」いないのはあなたの専門の政治の世界でしょ、しっかりしなさいよ、くらい言ってやりたい気分になります。

しかし、こういうお話をしても、どうもみなさま実感がない。それもそのはずで、企業業績がいくら良くなっても、肝心の給料が上がらない。こちらはバブル期をピークに下がりっぱなしでありまして、それこそ、バブル期の半分くらいになってしまっている業界まであるのですから、それは実感がないでしょう。

次ページ日本はアメリカ型経営を追いかけるが、本家は?
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。