父親は誰?「AID」で生まれた38歳女性の叫び

自分は「後ろめたい技術」で生まれたのか

AID(非配偶者間人工授精)で生まれた子どもの気持ちとは(撮影:編集部)

AIDって何?聞いたことがない…という方が多いかもしれません。これは、夫以外の第三者の精子を使った人工授精のこと。男性側に不妊の原因がある夫婦などが子どもを持ちたいとき、この方法を選ぶ場合があります。

さまざまな立場にある子どもから話を聞く本シリーズ。今回登場するのは、そのAID(非配偶者間人工授精)によって生まれた子どもである、石塚幸子さん(38)です。

この連載の過去記事はこちら

AIDは、日本では1948年に初めて、慶応義塾大学病院で実施されました。それから約70年、国内でAIDによって生まれた子どもの数は、推計で1万~2万人といわれていますが、正確な数は国も日本産科婦人科学会も把握できていません。

また石塚さんのように、自分がその技術によって生まれたことを知り、かつそれを公にしている当事者は、ごくわずかです。

AIDで使われる精子は、親族などが提供するケースや、学生ボランティアが提供するケースが昔からあるほか、最近では、海外の精子バンクを利用する例や、国内の個人ボランティアなどから譲り受ける例もあります。

これまで日本でAIDによって生まれた子どもたちは、精子提供者、つまり血縁上の父親がわからないケースが大半です。

AIDは「隠すべきこと」なのか?

子どもが欲しいのに持てない人たちにとって、AIDは救いの技術のひとつです。しかし日本では、「わが子と血がつながっていないことを世間に隠したい」という親の思いが働くためか、AIDは「隠すべきこと」のように扱われてきました。

そのため、いまだにAIDにおける親子関係を明確に定める法律もできていませんし、子どもが自分の遺伝的な父親を知る権利についても、近年までほとんど考慮されてきませんでした。

実際にAIDによって生まれた子どもの立場である石塚さんは、この技術に複雑な思いを抱いています。

自身がAIDで生まれたという事実を知ったときは、これまでの人生が覆されるような衝撃を受けたといいます。

次ページなによりショックだったのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT