まじめな人ほど問題をこじらせてしまう理由

ギャンブル狂の息子を止めた親の意外な秘策

「原因と結果の法則」は純粋な人ほど痛い目を見ます(写真:MaCC / PIXTA)

「原因を突き止め、それを除去すれば結果は変わる」

問題に直面したときに誰もが考えつくことです。こうした「原因と結果の法則」的な思考パターンはわかりやすく、また特定の分野やジャンルに縛られない汎用性があり、ビジネスから経済学、工学まで、さまざまな問題解決法の基礎となってきました。

しかし、そうした思考法で解決できない問題も多々あります。たとえば、鶏と卵の関係のように、原因と結果がループしている場合。しかもその悪循環の中に自分自身が巻き込まれている場合は、問題はさらに複雑になります。

もしかしたら、「ビジネス書を読んでもいっこうに成果が出ないなあ」と感じている人は、まさにそうした問題の渦中にいるのかもしれません。

自己啓発書があなたを陥れる

少なくない自己啓発書が、理想の自分になれない根本原因を自分(の性格なり能力なり)にあると示唆しています。つまり、「自分を変えれば世界が変わる」と。

問題解決の観点から見れば、私は、そうした教えは実際的な問題解決を回避させるばかりか、無駄な努力を誘発させるデマゴギーであるとさえ考えています。

「自分」を変えることで何らかの成果を得ようとすることは、たとえるなら、スピードメーターの針を動かして自動車を加速させるようなもので、因果の向きの捉え方が逆さまになっています。

次ページ純粋な人ほどこのことに気づかない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。