まじめな人ほど問題をこじらせてしまう理由

ギャンブル狂の息子を止めた親の意外な秘策

結局、この指示は守られませんでした。親子とも家族療法家の指示には疑問と反発を感じていたが、より強く抵抗を示していた息子のほうが先に音を上げたのです。

「こんなこと、やってられない」。親はもはや自分の悪行を引き止める役割を果たさず、それどころか、ギャンブルを教わるというのだから、もはやギャンブルを続ける意味はありません。

根本原因の削除は必要ない

なぜギャンブル狂の息子とその家族の悪循環は変化し、別の循環がつくられたのでしょうか?

その謎を解くキーワードが「ダブルバインド」です。

ダブルバインドは、従うことも、従わないこともできないような命令です。

たとえば「自発的に勉強しろ」という指示は、それに従って勉強すれば「自発的に」という部分に反し、かといって逆らって勉強しなければ当然「勉強しろ」という部分に反してしまう。

精神科医ミルトン・エリクソンは、同様のねじれて従うことも、従わないこともできないような命令を、治療目的に用いました。

たとえば、手の震えを止めたい人に「自発的に症状を出してください」といった指示の形を取るのです。

もし指示に従い手を震わせることができれば、それは「自発的に」という部分に反します。もし手を震わせることができなければ、この場合も「症状を出せ」という部分に反します。

いずれにせよ従うことができないのは、単なるダブルバインドと同じですが、その指示に従えないことが、指示された者にとって望ましい結果となる点が異なります。

「症状を出せ」という指示に従えない場合、問題の症状はなくなっていることになります。

次ページ症状を出すことができた場合はどうするのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT