後継社長が勘違いすれば、会社は確実に沈む

新社長が心得るべき5つのこと

後継者が心掛けなければならないこととは?(写真:izolabo / PIXTA)

前社長は、心の中であれやこれやと案じている

この連載の一覧はこちら

起業する。幸いにして、順調に成長する。そこから何年かして、経営者の頭をよぎってくることは、「事業継承をどうするか」ということでしょう。

すでに十数年、社長をしているとすれば、いつまでも続けているわけにはいかない。自分は会長になって、経営にタッチしない立場へと引退したい、ついては後継社長を決めなければいけない、と。

社長の座を引き継ぐ、ということは極めて重要な決断であり、後は野となれ山となれなどと考える人はいません。任せたあとも気になって仕方がない。「本当に大丈夫だろうか」と思うのが人情でしょう。さっぱりと引き継ぎを終えてしまえる人もいますが、そういう人は、極めてまれであり、また、ある意味すごい人だと思います。

普通であれば、自分の判断に間違いはなかったかどうかが気になる。それ以上に、新社長は、いろいろな困難に直面し、また、慣れない経営実務に戸惑っているのではないか、と気になる。指名委員会など委員会による指名も増えていますが、実質的には、前任者が後任を指名をするケースがほとんど。自分を指名してくれた前社長は、心の中であれやこれやと案じていることを、新社長は知っておくべきではないかと思います。

後継者が心掛けなければならないことは何でしょうか。ここでは、4項目挙げてみたいと思います。

次ページ前社長の心配を心得るべき
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT