後継社長が勘違いすれば、会社は確実に沈む

新社長が心得るべき5つのこと

徳川幕府の2代目、秀忠は、ことあるごとに「ご神君・家康公はこう言っておられた」「こういう考え方であった」と言い、あとに続いた将軍たちもそれに倣って、同じように「ご神君・家康公は」と口癖のように言い続けたようです。それが、徳川幕府が300年続いた1つの理由だと思います。つねに幕府300年の「中心点」「原点」が定まっていた、「座標軸」がぶれなかったということでしょう。いわゆる「権威の活用」が、いかに有効であるかを示しています。

4つ目に、とりわけ2代目社長の心得として書き添えておきたいのが、創業者の思いを血肉にすることです。2代目は、創業者の経営に対する考え方、思いを精緻に研究し、体系化する必要があります。普通、創業者は、昼夜兼行で、がむしゃらに頑張らなければならないため、なかなか経営理念をまとめ、成文化する余裕はありません。また、創業者の存在そのものが、そのまま経営理念だとも言えますから、わざわざまとめる必要もないということにもなります。

そこで2代目の後継者は、その創業者の思い、願いを研究し、体系化する。そして経営理念として成文化し、明確にするという作業が重要になってきます。思い、願いというものは、例えるならば、「水」のようなものです。その水をこれから代々引き継いでいくということになれば、次の人に、次の世代に一滴も漏らさず手渡しすることは不可能です。そこで、その水をいったん凍らせて、「氷」にすることが必要です。その作業が、「経営理念の成文化」、明確化ということです。

しかし、文字に書かれた経営理念は、先述のとおり「氷」。氷でご飯を炊いたり、煮物をすることはできない。ですから、実際の経営の場においては、氷をいったん水にして使わなければならないということは、しっかりと覚えておく、また、実践すべきでしょう。体系化、成文化した経営理念をそのまま活用してはいけない。現実に合わせて、水にして使いこなす。そのことは十分に理解しておくべきだと思います。

3代目をしっかり育成する

もう1つ、5つ目として付け加えておきたいことは同族企業の場合には、特に後継者の育成をきちんと行うことです。特に、2代目の社長は、自身の子息である3代目の育成をしっかりやらなければなりません。組織、会社というものは、3代目がその組織、会社の盛衰の分岐点に、往々にして、なるものです。しかし、3代目の育成はなかなか難しい。昔から「売り家と唐様で書く三代目」という有名な川柳があるように、3代目がうまく育つためには、困難が伴います。

なぜならば、3代目は生まれながらにして「殿様」です。それは創業者の孫でなく、生え抜きであっても同じようなことがいえます。2代目は、創業者の汗を見ている、後ろ姿を見ている。ですから、「こういうときに創業者は汗を流した。こういうときに創業者は涙を流した」ということを知っていますから、その苦労が実感としてよくわかっている。汗を流すこと、涙を流すことの大切さを、尊さを知っています。

しかし、3代目は、創業者の苦闘を知らない。無から有を作り出したときの激闘、必死を知らない。会社は、最初からあるもの、努力せずとも存在しているものと思いがちです。まして、3代目ともなれば、なにより周囲がおだてる。本人がいくらしっかりしていても、そういう環境であれば、考え方が甘くなる。

やがては「バカ殿」になって、「経営など、必死にやらなくても大丈夫だ」「自分は好きなことをして、経営は、周囲の者に任せておけばいい」などと思い違いをして、遊び気分で経営をやってしまうようになる。高層マンションに移り住んで、毎晩のように、ミーティングと称してミニパーティを開く。かくして、会社は、シロアリに食いつぶされ、あっという間に倒産してしまいます。

こうならないようにするためにも、2代目の社長は、後継者、すなわち3代目の育成に、大いに心をもちいていかなければいけません。以上の5点を後継者は、意識して行うことが大事ではないかと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT