箱根・富士屋ホテルが再ブレイクしたワケ

”クラシックホテル萌え”だけじゃない

――コンソメベースのカレーって普通なのですか?

いや、まず入れないですね、大変ですから。スープのメニューでポタージュとかクラムチャウダーはあっても、コンソメだけのメニューは、今、日本のホテルではほとんどないですね。プロであれば誰でもわかる話で、作るのに1週間かかりますから。

先だって、ある芸能人がメインダイニングルームにいらして、やはり懐かしかったのでしょう、コンソメを召し上がられたらしいんですね。「いやあ、おいしい」と言って、「これ食べたいのだけど、どうしたらいいの?」と言うので、従業員が「レトルトでしたら、同じ作り方のコンソメスープがありますよ」と答えたら、100個買って行きました。

――100個ですか! さすが芸能人。1個いくらですか?

伝説のビーフカレーとコンソメスープ。ホテルPBとしては驚異的な売り上げを誇る

700円です。

――じゃ7万円! そんなにおいしいんだ。ネット通販もされているのですか?

ええ。社のECサイトで。富士屋ホテル商品全部で300アイテムぐらいあります。富士屋ビールから、パンから、テディベアやせっけん、タオルまで全部合わせてですが。

――では、単館の売上高と比較しても、ネット通販だけでも結構な売上高になるのでは? 下のショップでも売れるでしょうし。

そうですね。今、いちばん売れているのは、コンソメを使ったレトルトのビーフカレーですね。昨年は年間で20万箱売れていますね。

――それはホテルPBのジャンルでもそうとうな数になるのでは。

たぶんそうだと思いますね。やはり一度メインダイニングでお召し上がりいただいて、おみやげにということで。近所の方が親戚用にと10~20箱お買いになるケースもあります。お泊りの方も、ランチで見えた方も買って行かれますね。

――レストランはみな自営ですね。それだけ食にこだわってこられた。

はい、直営です。やはりリゾートホテルでは、夜、外へ食事に行かれる方はいらっしゃらないですね。シティホテルですと10~30%がホテル内のレストランを利用されればいいくらいですが、私どもにお泊りいただく方ですと8割ぐらいがホテル内で召し上がられます。

あの格天井のメインダイニングルームで召し上がりたい、というリクエストがまずあります。いくら雰囲気や会場が立派でも、出される料理が「何だ」ということになってはいけない。私どもは社内で毎年コンクールを積極的に行ったり、若い料理人を毎年4カ月、フランスへ研修に出したりしています。

コンソメなど、富士屋ホテルの伝統的なレシピは守りつつも、日々変わりつつある新しいテイストは取り入れて融合させていく。日本人の舌も、新しい食材もどんどん入ってきます。飾りつけや盛りつけも変わっていきます。古い昔だけの姿でいいということではない、と思ってやっています。

(撮影:大澤誠)

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT