箱根・富士屋ホテルが再ブレイクしたワケ

”クラシックホテル萌え”だけじゃない

――創業家一族は今も経営陣にいらっしゃるのですか。

現在は経営には一切タッチしておりません。実質2代目、正式には3代目の山口正造社長が日光の金谷ホテルの金谷善一郎さんの次男で、仙之助の長女と結婚して婿養子となりました。だから金谷ホテルさんとは建物の造りが似ていますし、いろいろ彫刻などを見ると、宮大工さんが手掛けられたものが結構ありますね。

ウエディングの件数が一気に増えた理由

創業135年の老舗クラシックホテルながら、ここ10年は婚礼件数の急激な増加を達成している。リゾート婚やカジュアル婚などの隆盛を見越して、少人数での挙式や披露宴が可能な施設を増やしたことも理由だが、安藤社長が総支配人時代に現場の意見を大胆に取り入れ、カップルの潜在需要を掘り起こした側面も見逃せない。ブライダル専門式場ですら敬遠しがちな20人前後の挙式需要も積極的に取り入れる姿勢が、年間500組を超える実績を支えている。
2011年にリニューアルしたクラシックチャペル

――クラシックホテルですが146の客室に、レストランに宴会場、チャペルも完備しています。創業時からですか。

創業当時は婚礼自体がありませんし、宿泊と飲食が中心だったと思います。

1954年に連合国軍の接収が解除されて以降、披露宴を挙げられた方のアルバムは、私どもの資料展示室に保管してありますので、披露宴のスタートもそこからだと思います。

――これまで何組ぐらいの挙式をされたかわかりますか?

正確にはカウントしていませんが、10年前ぐらいまではそれほど積極的にブライダルを手掛けていないので、年間50~60組ぐらいでずっと推移していました。

ここ数年は300とか400とか500です。昨年は500組を超えています。

――それはトップクラスですね。しかも、部屋数から考えるとものすごい数ですね。理由を詳しく教えてください。

そうですね。私が4年前まで3年間、総支配人をしていましたが、着任時は205組でした。今年は550~560組ぐらいの予定ですから、350件ぐらい増えているのですね。

スタッフなどにヒアリングした結果、まだ伸びる余地があるとわかりました。実際に富士屋ホテルで披露宴をしたい、式を挙げたいというお客様もたくさんいらっしゃったので、無理のない範囲でどうやってご希望にお応えできるか考えました。

次ページ一石三鳥?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT